2018年4月19日

阿寺の岩場と大滝キャンプ場とで講習を実施。

先週は講習を2件、実施しました。

1件目は4月12日に、奥武蔵の阿寺の岩場で実施。
登山靴を履いての、岩場を登り降りする練習でした。

この写真では解りませんが、平日ながらも20人程の人がいて、岩場はけっこうな混雑でした。

2件目は4月14日から15日の2日間で、西丹沢の大滝キャンプ場へ。
トラベルギャラリー主催の、「中級者のためのステップアップ登山教室」でのビバーク講習でした。
ただし天気がとても悪く、体験ビバークは中止。
ツェルトの使い方の練習や、セルフレスキュー技術の解説をして終了となりました。

講習中で一番盛り上がったのは、雨が降る前に行った焚火の作り方の練習でした!
河原に落ちている流木を拾い集め、燃えやすいように組み上げて着火。

あっという間に大きく燃え上がり、体を暖めることができました!
手順さえ解れば、簡単に焚き火を作れることがご理解いただけたと思います。
これは直火での焚火OKの、大滝キャンプ場ならではの講習でした。

さてトラベルギャラリー主催で、昨年12月から5回に渡って実施してきた中級者のためのステップアップ登山教室も、5回目となる今回で終了です。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
また次の冬も同様の企画を立案するかと思います。
具体的な内容が決まったら、またお知らせします。

2018年4月11日

平戸の岩場、倉岳山。

この前の週末2日間も、山に行っていました。

7日は奥武蔵の平戸の岩場で講習会。
登山中に安全に岩場を通過できるようになること目的とした、登山靴を履いて岩場を登る練習でした。
まずは岩場での確実な身のこなし方についてレクチャー。

続けて3ルートに分かれて、Ⅲ級程度の岩場を登る練習を繰り返しました。

今回もアシスタントは山岳ライターの小林千穂さんでした。

8日は風の旅行社の登山ツアーで、中央本線沿線沿線の倉岳山へ。
先日下見をしてきた、北稜の一ノ尾根というバリエーションルートから登りました。

倉岳山頂上から見た富士山。
何にも見えなかった下見のときと異なり、くっきりと姿を望むことができました。

これは下山後、柳川駅に向かう途中にあった芝桜のお花畑。
奥に見えているのが、倉岳山です。

◆    ◆    ◆

その他の近況です。

おとといは丸1日かけて、『週刊ヤマケイ』の連載「登山者のブックシェルフ」の第14回分となる原稿を執筆。

昨日は終日事務仕事をこなしたほか、夜には石神井公園に出向いて夜景撮影の練習をしてきました。
少し思うところがあり、体系的に写真撮影を学びたいと考えて、ニコンカレッジの講習会を受講したのでした。

今夜は風の登山教室の、机上講習の実施日。
タイトルは「実践! 地図読みテクニック③ 地図を読んで登るバリエーションコース」というものであり、今から気合を入れて配布資料をまとめ上げます!

明日は登山のための岩登り講習で、奥武蔵の阿寺の岩場へ向かう予定。

またこんどの週末は、トラベルギャラリー主催の中級登山教室の講師として丹沢に向かう予定なのですが、あまり天気が良くない予報なのでちょっと心配です。

2018年4月6日

日和田山の岩場、箒沢権現山、古賀志山。

今週も山に向かう日が続いています。

4月3日は奥武蔵の日和田山の岩場へ。
自分で企画したガイドプランであり、主に男岩の初級ルートに取り付きました。

登山靴を履いて岩場を登下降する練習でした。

4月4日は、丹沢の箒沢権現山へ。
ここは登山道のない山なのですが、山頂には「丹沢山塊百名山」と記された標識が設置されていました。

下山後には、畦ヶ丸へ向かう登山道の近くを流れ落ちる、下棚という40mの大滝にも立ち寄りました。

4月5日は栃木県の古賀志山へ。
山麓はちょうど桜が見頃となっていました。

何度も登っている古賀志山ですが、いつもは東稜や中尾根といった岩尾根ばかり。
今回は普通に歩くことのできる、北コースから登って南コースを下山しました。

◆    ◆    ◆

その他、近況です。

この春は桜がとてもきれいでしたが、私も時間をとって都心部へ出向き、千鳥ヶ淵や増上寺で夜桜を見物してきました。

さて明日は、自分の企画したガイドプランで奥武蔵の平戸の岩場へ行ってきます。
天気が不安定で中止しようかとも迷いましたが、昼前後は晴れそうなので、予定通り実施にきめました。

あさっては風の旅行社の登山教室を引き継ぐ形で、中央本線沿線の倉岳山へ。
先日下見をしてきた、北稜一ノ尾根から登ります。

その後来週は『週刊ヤマケイ』の連載「登山者のブックシェルフ」の原稿を書いたり、風の登山教室を実施したりと、比較的多忙な日が続く予定です。

2018年4月2日

近頃登っている山々。

前回のブログ更新以降も、東京近郊の低山をあちこち登っています。

3月23日は、三浦半島の鷹取山の岩場へ。
とても大きな山を目指す方のための、ロープワークの練習でした。

3月24日も、三浦半島へ。
登ったのは三浦アルプスの森戸川コースから中尾根。
風の登山教室でした。

3月25日は武蔵五日市駅から奥多摩へ。
トラベルギャラリーの中級者のための登山教室で、勝峰山からロンデン尾根を歩いてきました。

3月28日は中央本線沿線の倉岳山へ。
ちょっとマイナーなバリエーションルートである、北稜一ノ尾根を登ってきました。

3月30日は箱根へ。
明星ヶ岳から明神ヶ岳に続く、明るいコースを歩いてきました。

3月31日は伊豆三山の縦走コースへ。
自分で企画したガイドプランです。
アシスタントガイドは、いつものように山岳ライターの小林千穂さんでした。

2018年3月22日

ジャイアントパンダのシャンシャンに会ってきました。

私は子どもの頃から、動物が大好きです。
特に好きなうさぎ、猫、あひるといった身近な動物のほか、カピバラやプレーリードッグといった、動物園で見る動物もかなり好きです。
中でも非常に好きなのが、ジャイアントパンダ。
(ミーハーですみません。。)
昨年6月12日に上野動物園で誕生した、パンダの赤ちゃん・シャンシャンにも興味津々でした。
本来はガイドの仕事が入っていた昨日、悪天候で仕事が中止となって時間ができたので、シャンシャンに会いに行くことにしました。

氷雨の降るなか開園前の行列に並び(とは言っても、既に年間パスポート入手済みなので通過はあっという間)、パンダ母子観覧整理券をもらって、10時40分にパンダ舎へ。
右の大きなパンダがお母さんのシンシンで、左上のちっこいのがシャンシャンです!

シャンシャン、木の上でずっと寝たままでした!
ちなみにこんなに寒い日でも、パンダ母子観覧者は非常に多く、パンダ舎前にいることができたのは2~3分程度でした。

他の動物の写真も少々。
知性あふれる眼差しが印象的な、ハシビロコウ。

寒くてかえって元気いっぱいの、ペンギン。

さらにうさちゃんもじっくり見学。
私の飼っていたぽこと同じ、ネザーランドドワーフという種類で、見ていて和みました。