2018年1月15日

『山と渓谷』と『ワンダーフォーゲル』の2018年2月号。

今月の山の雑誌は、『山と溪谷』と『ワンダーフォーゲル』の2誌に載せていただきました。

『山と溪谷』は第一特集「単独行レベルアップ術」で、「装備」8ページ分と「状況把握と進退の判断」2ページ分を監修。
また単独行者へのお勧めコースで、大山山系の「ユートピアから大休峠」のコースガイドも執筆しています。
さらにいつも書いている「季節の山歩き」では、神奈川県の丹沢山塊・鍋割山の紹介記事も書いています。

いっぽう『ワンダーフォーゲル』は特集「Q&Aでわかる山登り 新基本200」内の、Q160~162の回答者をしました。
避難小屋や冬期小屋についての回答です。

いずれもぜひお買い求めになって読んでみてくださいね!



◆    ◆    ◆

ところで昨日は、新宿ビックロの石井山専で企画される石井スポーツ登山学校の机上講習、「地形図の等高線からイメージする登山コース」第1回分の実施日。
今回は20名様のご参加をいただき、無事に実施することができました。

少々緊張して言葉に詰まってしまうこともありましたが、解説を予定していた内容はしっかりとお話することができました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
この後は17日と31日に同じ内容のものを実施予定なのですが、既にいずれも満席とのこと。。
また機会があれば同様の机上講習を企画したいと考えていますので、ご参加いただけなかった方はまたご検討いただければと思います。

2018年1月14日

非常に寒かった八ヶ岳の赤岳。

先週の木曜日から金曜日(11日~12日)の2日間で、八ヶ岳に行ってきました。
当初は赤岳から横岳を経て、硫黄岳まで縦走するつもりでしたがあまりの寒さに出発が遅れ、赤岳のみで終わってしまいました。。

登りは地蔵尾根から。
雪の少ない状態が続いていた八ヶ岳ですが、週の初めに降ったのであろう雪がけっこう積もっていました。

赤岳山頂。
まつ毛が凍りついてしまって、目が開きませんでした。。

下山は文三郎尾根。
この後赤岳鉱泉に戻ったら、知り合いのスタッフが、この日の朝の気温は氷点下21度だったと教えてくれました。

◆    ◆    ◆

その他の近況です。
昨日は風の旅行社主催の風の登山教室の机上講習で、「登山の魅力を再発見!」と題してお話をしてきました。
ご参加者は4名様と少人数だったので、和気あいあいと楽しく実施しました。

今日はこれから石井スポーツ登山学校主催で、「地形図の等高線からイメージする登山コース」と題した読図机上講習を行います。
場所は新宿ビックロ店内の石井山専・アースプラザです。

また明日は東京都山岳連盟の海外委員会、あさっては山岳スポーツ指導協会の新年会と用事が続きます。
その間に『週刊ヤマケイ』の連載「登山者のブックシェルフ」の原稿も書かなければいけないので、少々多忙です。

2018年1月9日

展望抜群だった北八ヶ岳の北横岳と縞枯山。

昨日までの3連休の最初の2日間で、北八ヶ岳に行ってきました。

登ったのは北横岳と縞枯山。
初級者向けの雪山登山コースです。

北横岳のみであれば東京発着で日帰りも可能なのですが、今回は北横岳ヒュッテに宿泊。
豪勢な夕食をいただきました!

北横岳ヒュッテに泊まるメリットは、北横岳山頂から早朝の景色を楽しめること。
以下に今回見えた山々の写真を載せますので、ご覧になってみてくださいね。

2018年1月5日

今年の初登山は湯河原幕岩でした。

今月は中旬以降に予定が重なっているため、正月三ヶ日は仕事はせず、少しずつですがそれらの準備をしていました。
それでも昨日は、今年の初登山に行ってきました。
とは言っても山歩きではなく、湯河原幕岩での軽いクライミングでした。

この季節はいつも大混雑の湯河原幕岩。
それでも年明け早々なので、多少は空いているのではないか?と予測したのですが、そんなことはなく、やっぱり大混雑でした。。
ところが茅ヶ崎ロックでも不人気エリアである、奥のほうの大滝フェイスに行ったら他のクライマーの姿はなく、じっくりと練習することができました。

大滝フェイスは日が陰るのが早く、14時過ぎたら寒くなってきたので撤収。
桃源郷一帯は込んではいたものの、右手の簡単なルートが空いていたので手早く2本を登って終了としました。

登ったのはいずれも、5.7~5.9の簡単なルートばかり。
昨年10月から五十肩になってしまい、あんまり無理な動きはできないのでこのくらいでちょうど良い感じでした。

下山時に見上げた幕岩。
16時頃ですが、もう暗くなりつつありました。
ちなみに梅の花はまだほんのわずかに咲き始めたばかり。
見頃はもう少し先になりそうです。

2018年1月1日

2018年、あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

さて年末の12月30日から31日の2日間で、雪山初級者お二人をご案内して八ヶ岳の天狗岳を登りに行ってきました。

これは宿泊した黒百合ヒュッテの正面の登山道を登り、摺鉢池を見下ろす小高い丘から見た東天狗岳(左)と西天狗岳(右)。
初日はこの一帯で、アイゼンとピッケルとを使った歩行技術の基礎を練習しました。

2日目はやや風が強かったものの、予定通りに東天狗岳と西天狗岳の両方の頂上に立ちました。
頭上には雲が広がってしまいましたが、それでも南八ヶ岳や南アルプス、浅間山といった山々を見たわすことができました。

その後は黒百合ヒュッテまで引き返して昼食。
非常に美味しいビーフシチューセット、1,300円でした!
あとは一気に渋の湯へ下山し、2017年最後の登山も無事に終了となりました。
ちなみに2017年の私の山行日数は、131日間でした。

◆    ◆    ◆

さて昨日は疲れて20時くらいに寝てしまったためか、今日は5時前には目が覚めました。
元旦ですが特にいつもと変わりはなく、洗濯をしつつ写真と記録の整理をしています。
その後昼からは、江戸川区に住む両親の顔を見に行く予定です。