2013年1月3日

初めて頂上に立った古賀志山。

宇都宮市の先にある、北関東の名峰・古賀志山(こがしやま・583m)に登ってきました。

 
この古賀志山はクライミングのゲレンデとなっていて、中腹にあるその岩場には、これまで2回訪れたことがあります。
頂上に向かうハイキングコースも岩場が続いて面白いと聞いていたので、今回はそちらから登ってみることにしたのでした。
コースはいくつか選択できるのですが、登りは中尾根、下りは東稜という、完全に整備された登山道ではないハイグレード・ハイキングを選びました。
この写真は、中尾根の二つめの岩場です。
このような高度感のある岩場が続く、アップダウンの多い面白いコースでした。


 
順調に中尾根を登り切り、稜線を頂上に向かうと展望の開けた伐採斜面を通過する箇所があります。
雲の切れ間からは思いの他大きな山が姿を現してびっくり!
日光の男体山(なんたいさん・2486m)です。

 
初めて立った、古賀志山の頂上。
まだ三が日の間ですが、それなりにたくさんの登山者で賑わっていました。

 
下山は東方面の展望が開けた東稜を下ったのですが、遠くには筑波山(つくばさん・877m)も望むことができました。

 
これは下山後、宇都宮市森林公園の赤川ダムから見上げた古賀志山の様子。
右の尾根から登って、一番左の高いところが頂上。
少し戻った、頂上の右隣のピークから、下に続く尾根を下ってきたことになります。
思ったよりも変化に富んだ、とても楽しいコースだと思いました。

▼古賀志山に関連するエントリー

古賀志山・全山縦走コース。 (2015年5月28日)
古賀志山・中尾根を登って東稜を下山。 (2015年3月21日)
今年の年末も古賀志山東稜へ。 (2014年12月21日)
古賀志山・東稜を登って滝コースを下山。 (2013年12月23日)
古賀志山で鎖場通過の練習。 (2013年6月2日)

0 件のコメント:

コメントを投稿