2013年9月22日

秋晴れの穂高連峰縦走・その2。

北アルプスの穂高連峰の縦走2日目は、いよいよ稜線へ上がる日です。

これは初日に宿泊した、横尾で迎えた夜明けの様子。
出発準備をする登山者を見下ろすように、モルゲンロートで赤く染まった前穂高岳(まえほだかだけ・3090.2m)がそびえていました。
今回のコースは、槍沢から天狗原を経由して南岳(みなみだけ・3032.7m)に至り、そこから大キレットを越えて北穂高岳(きたほだかだけ・3106m)~涸沢岳(からさわだけ・3110m)~奥穂高岳(おくほだかだけ・3190m)~前穂高岳と3000m峰5座を縦走し、重太郎新道から上高地に戻る、というもの。

従って槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)には登らないのですが、出だしでたどる槍沢の登山道では、槍ヶ岳の頂上(穂先)を望むことのできるポイントがいくつかあります。
今回は見通しが良く、それらから槍ヶ岳をはっきり見ることができたので、写真に収めてみました。

最初は横尾から20分くらい槍沢を登ったところにある、槍見河原から見た槍ヶ岳。
ちょっと木立が多く、すっきりと槍の姿を見ることができないのが残念です。。

これは槍沢ロッヂのヘリポートから見たもの。
天気の良い日は、槍沢ロッヂによって望遠鏡が置かれ、それを覗くと頂上に立つ登山者の姿もはっきり見ることができて面白いところです。

こちらは槍沢ロッヂの少し先、「槍見」と書かれた大岩の前から見た槍ヶ岳。
やはり木立が多くてすっきり見えません。。。

その後は、槍沢の登山道であれば最初の急登を登り詰めてグリーンバンドに出るまでは、槍ヶ岳を望むことはできません。

しかし今回我々がたどる天狗原のコースでは、槍沢の登山道と離れて間もなく(グリーンバンドよりも低い位置)、槍ヶ岳の姿をど~んと望むことができます。

昨年秋に槍ヶ岳に登頂されているお客様は、感慨ひとしおといった様子で、その姿を見上げていました。

右側から回り込むような感じで到着した天狗原。
一番低い位置にある天狗池は、逆さに槍ヶ岳が映っていました。

30分程も天狗原で休んだ後、南岳に向けて登り始めます。
見渡すと天狗原の上部では、少しずつではありますが木々が色づき始めていました。

天狗原から南岳に続く登山道は、天狗ノコルからは岩稜が続きます。
頂上少し下の急な箇所はハシゴが架けられており、慎重に登ります。

ちょっと地味な、南岳の頂上。
今回、1座目となる3000m峰です。

残念ながら雲がかかり、本来であれば見えるはずの常念岳(じょうねんだけ・2857m)の山頂も隠れていました。

南岳の頂上まで来ると、宿泊する南岳小屋まではあとわずか。

夕食後に外に出ると、雲は多いものの徐々に薄れてきて、何とか夕陽を見ることができました。

これは日が沈んだ後に、笠ヶ岳(かさがたけ・2897.5m)の上に広がった夕焼空。
翌日からの晴天を約束してくれるようで、嬉しく感じました。

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿