2013年11月7日

『週刊ヤマケイ』2013年11月7日 通巻60号。

電子雑誌『週刊ヤマケイ』に、今週も記事を掲載していただきました。
しかも2件も!

まず1件は、11月2日に登った、御坂山地・三ツ峠山(みつとうげやま・1785.2m)について。
モミジの赤が、自分で見てもきれい!

そしてもう1件が10月30日に登った、北陸・荒島岳(あらしまだけ・1523.5m)について。

2件も載るのは久しぶりです。
ぜひご覧になってみてくださいね!

週刊ヤマケイ2013年11月7日配信 通巻60号


ところで今回、見て面白そうだと思ったのは、宮城県の糸岳について書かれた登山地情報。
沢の流れが岩盤をくり抜いて、トンネル状になって流れている北石橋という地形が不思議な感じです。

また冒頭2件目の記事「遭難防止オピニオン」では、鳥取県の大山(だいせん・1729m)の文殊越を目指して、道に迷ったことが書かれています。
文殊越の辺りは元々道が不明瞭だったのが、おととし9月の台風12号でさらに荒れて、とても解りにくくなってしまいました。

私も大山自然歴史館山岳情報調査で調べた際に、そのことは指摘していますが、今の鳥取県ではこの周辺の登山道を再整備することは難しいようにも思えます。

もしここを歩こうとする場合は、普通の登山道歩きではなく、ヤブこぎのバリエーションルートに向かう、くらいの心構えで臨むのが良いでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿