2013年11月17日

最高に楽しかった神戸マラソン。

山の仲間に、

「一緒に神戸マラソンに出よう!」

と誘われたのが、今年の4月。

何となく同意して、申し込み手続きを。
やがて届いた「当選」というメールのことを、誘ってくれた人に伝えたら、その人は落選だったとのこと…。

どうしようか…?
少し悩んだのですが、マラソン当日は神戸に出向くことが無理ではないスケジュールだったので、思い切ってそのまま参加手続きを進めました。

ランニングシューズを購入して、トレーニングに取り組み始めたのは8月も末になってから。
少し前に33kmを歩いたりしていて、体力的には問題ないと思っていたのが、一番最初のランニングでは、2kmを連続して走ることができず、愕然としたのです。。。

その後も仕事や他の用事や台風などに阻まれて、予定したトレーニングができない日が続きました。
それでもマラソン当日の5日前に、27kmのトレーニングをこなして、本番に臨むことになりました。

大会前日に手続きを済ませ、当日は朝7時過ぎに、指定された集合場所であるみなとのもり公園へ。

ここでお手洗いと着替えを済ませ、手荷物を預けて簡単なウォーミングアップ。

やがて係員の声かけに応じて、スタート位置に移動です。

写真右は、私の足元。
履いているシューズは、アシックスのGT-2000 ニューヨーク
クッション材の多い初級者向けに分類されるシューズですが、とても履きやすく、トレーニングから大会当日にかけて、足のトラブルは一切なく過ごすことができました。

スタート位置に立ってから、開会セレモニーなどがあって、体が冷えきる頃にやっとスタートの号砲が。
しかし私のスタート位置はかなり後ろの方で、号砲が鳴ってから動き出すまで、約8分。
そこからさらに、5分余りも歩いて、やっとスタートゲートを通過しました。

スタート直後は人が密集していて、なかなか思うようには走れません。
とにかく他のランナーと接触して転倒しないように、気をつけてゆっくり走ります。

参加者の数は非常に多く(約2万人!)、下り坂のところで先を見渡すと、ずーっと向こうまでもランナーがいてびっくりです!

やがて塩屋の辺りで、反対側に早くも折り返してきた先頭集団が!

さらに走ると、前方に明石海峡大橋が見えてきました。
あそこがちょうど折り返し地点なのです。

これがその折り返し地点。
先に見えているのが、明石海峡大橋の橋脚です。

神戸マラソンは完全な往復コースではなく、折り返し地点から先の方が、長く走ります。
明石海峡大橋から垂水の辺りまで戻って、やっと中間点となりました。

私もここら辺までは、まあまあ順調でした。

しかし「フルマラソンは30kmで力が抜ける」とよく言われる通り、私もその辺りで脚がガクガクに…。

けれども制限時間が7時間と、かなり余裕がある神戸マラソン。
ここまで来たならば、歩いてもゴールできるので気持ちを切り替えて、必死に歩いて行きます。

まあ私だけでなく、他の多くの人も30km過ぎからは歩いていました。

ところでフルマラソンでは、エイドステーションが設置されて飲み物や食べ物が補給できるようになっています。

食べ物で一番嬉しかったのが、このチクワ。
何でか判りませんが、妙に美味しく感じました!

デパートみたいなのがたくさんある神戸の街中を過ぎると、いよいよ終盤です。

このマラソンで最大の難関とされる、浜手バイパスから神戸大橋の登り。
私もヘロヘロですが、周りの皆さんにもずいぶんと疲労が見て取れました。

浜手バイパスを通過すると、こんどは神戸港に面したしおさい公園へ。
船に乗っている人達も、我々を応援してくれていました。

そしていよいよ、ラストです。

「あと1km」の標識からは、気合を入れて再び走ります。
多くの皆さんの声援を受けつつ、「42km」地点を通過。

最後は自分でもびっくりするくらい、もの凄く幸せな気分で、ゴールを通過しました。

ゴールしたランナーには、次々とフィニッシャータオルがかけられていきます。
私もタオルをかけていただき、続けて完走メダルも首にかけていただきました!

これがその完走メダル。
本当に嬉しいです!

タイムは5時間半以上かかっており、まったく自慢できるようなものではないのですが、これまでやったことのないフルマラソンを、歩いた距離は長いとはいえ完走できたことに達成感が得られました。

実はあんまりマラソンには興味はなかったのですが、今回走って大好きになったので、またそう遠くないうちにどこかの大会に申し込むかも?知れません。

▼おすすめランニングシューズ

アシックスの「GT-2000 ニューヨーク2」です。
私が履いたのは「GT-2000 ニューヨーク」ですが、少し前にモデルチェンジした模様。
基本的な仕様は一緒だと思います。
長く登山を続けている人は、足のトラブルを抱えている方も多いと思いますが(実は私もあります)、これは接地時のクッション性能が高くて、足に優しい感じ。
ランニングシューズとしては初級者向けとのことですが、とても良いシューズだと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿