2013年12月12日

この冬2回め!の龍ノ口山。

NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で、岡山市の北東部に位置する、龍ノ口山(たつのくちやま・257.1m)に行ってきました。
先月も訪れているので、この秋というか冬に、2回めということになります。

龍ノ口山は岡山市民の皆さんが、龍ノ口八幡宮の参拝や散策で、気軽に訪れる低山です。
それでも中国地方の瀬戸内海に近い山では特徴的な、尾根に露岩が目立つ地形。
山陰にはあまりない、岩場歩きが楽しめる山なのです。

若手受講生の方も、久しぶりの岩場の感触を楽しんでいました。

米子からバスに乗って、龍ノ口山グリーンシャワー公園駐車場に到着。
ここで準備体操をして出発です。

ちなみに私は今回は、前夜に新宿を夜行バスで出発し、岡山駅西口まで移動。
米子までは出向かず、そこでの合流とさせていただきました。

駐車場から北に延びる川沿いの細い舗装路を進むと、尾根を回り込んで展望が開けてきます。
左のとがったピークが、先に登る龍ノ口八幡宮。
右のなだらかな高まりが龍ノ口山です。

さらに進んだ、石の鳥居の立つところから古い参道を右に進みます。

参道は途中で小ピークを一つ越えると、あとは岩場混じりの急登です。
それでも決して難しいことはなく、慎重に歩いて八幡宮間近の平坦地まで登り詰めました。

たどり着いた、龍ノ口八幡宮で参拝。
受講生のお一人が、社務所で御朱印をいただいたので写真に撮らせていただきました。

それを見ていた宮司さんが、

「先月もいらっしゃった方ですか?」

と声をかけてきました。

確かに先月さわやかトレッキングの際に、翌月もう一度訪れることを宮司さんに伝えていました。
その時のことを、覚えていてくださったのでしょう。

「はい、先月お話した通り、また来ました。」

と返事をします。
すると、

「神戸マラソン、走ったのですね。」

とのこと。
え~、私が神戸マラソンに出たこと、何で知っているの???

聞くと宮司さんはネットでこのブログ『山と兎』を発見して、その後見てくださっているのだとか。
びっくりでした!が、とても嬉しいことでした。

(宮司さん、またそのうち、登山兼お参りに行きますので、よろしくおねがいします!)

さて龍ノ口八幡宮での参拝を終えた後は、いったん峠まで下って、登り返します。

登り返しも大したことはなく、程なく龍ノ口山頂上に到着。
ここは人気の割にはこれといった頂上標識がなく、やむを得ず一段下の「山頂広場」という看板を入れて記念撮影。

昼食は、私は受講生のお一人からいただいた、とても美味しい大山おこわのおにぎりをいただきました!

頂上は風が強くてちょっと寒く、皆さんはそれぞれ散らばって、思い思いの場所で食事をとっていました。

下山は展望のない南展望台から駐車場へ。
12月も半ばですが、まだところどころに美しい色づきの紅葉が残っていました。

下山後は下記の温泉に入浴し、皆さんと一緒にバスに乗って鳥取県米子市へと向かいました。


下山後の入浴施設

今回は岡山市街にある、天然温泉ゆずきへ。
会員ではない、一般の入浴料は700円(土日祝日は750円)。
料金はやや高めですが、露天風呂や寝ころび湯があって、とても快適な良いお風呂だと思いました。

▼参考書籍
  
新・分県ガイド32 岡山県の山』では、今回の我々と逆コースが取り上げられています。
しかし我々のたどったコースのほうが、岩場を登りで通過しますので、初級者には向いていると思われます。

でも先月も書きましたが、運動靴を履いた受験生も普通に登り降りしている道なので、あんまり関係ないとも言えるでしょう。。

0 件のコメント:

コメントを投稿