2013年12月14日

『山と渓谷』の1月号を買ってPDF版の「山の便利帳」をGETしよう!

いよいよ年末。
現在書店に並んでいる雑誌『山と渓谷』も、来年2014年の1月号となりました。

山と渓谷の1月号と言えば、古くからの読者ならばよくご存知と思いますが、毎年「山の便利帳」という別冊の付録がついてきます。

この山の便利帳は、カレンダーから始まって山岳関係官公庁の連絡先、全国すべての山小屋や登山用品店の情報、主要山岳の行程表、さらには登山用語集や各種百名山のリストなどが掲載されていて、大変に役立つものです。

登山ガイドでしたら必携ですし、一般登山者でも山行回数の多い方ならば、持っていて損はない1冊でしょう。

ということで、名前通りとても便利な山の便利帳。

さらに何と、今月号の山と渓谷を購入した人全員に、その山の便利帳のPDF版をプレゼントするというサービスが実施中なのです!

実は昨年からやっているのですが、なかなか凄い!ことです。
さらには今年は、追加のお得なサービスも!

そういう訳で、早速ダウンロードした山の便利帳。
左からNEXUS7iPhone5、そして本物の山の便利帳
こうやって3つ並べると、何だか嬉しい気分!

ダウンロードの手順は以下の通りです。

1.まず『山と渓谷』2014年1月号を購入。
2.その中にURLが記載されているプレゼント用サイトにアクセス。
3.『山と渓谷』2014年1月号を購入した人なら分かる、クイズに答える。
4.クイズに正解すれば、ダウンロードページが表示。

ということで『山と渓谷』2014年1月号がお手元にない方は、まずは買って、それから試してみてくださいね!

実際の誌面を表示させると、こんな感じ。
スマートフォンやタブレットの画面で見る用に最適化されている訳ではなく、単純に1ページ毎の表示がされるのみ。
山小屋情報の確認などは、これでもまったく不便はありません。

見にくくなる見開きページについては、別途データが用意されているのでそちらを使えば問題ないでしょう。

そして追加のお得なサービスは、これ。
『山と渓谷』2013年9月号の付録だった、「八ヶ岳登山MAP」のデータもダウンロードできるのです。

私も四季を通じて訪れることが多い八ヶ岳。
とても重宝しそうです。

ついつい付録のことばかり書いてしまいましたが、私は今月号にも記事を載せていただいています。

週末に楽しむローカル低山を紹介する「郷山めぐり」において、鳥取県伯耆町溝口の名山である、鬼住山(きずみやま・329.9m)を紹介したコースガイドです。
さらに今回は、トピックの欄も書きました。

私はかつては、この鬼住山を間近に見上げる山麓に住んでいて、その時のことを書いたのですが…今となっては懐かしい思い出です。
まさか鳥取県を離れて、東京に住むとは、このころはまったく想像もしていませんでした。。。

それはそれとして、今月の山と渓谷は「「日本一」の山、大集合!」や「登れる?7大陸最高峰」、「2014年 馬の山ガイド」などの楽しい記事がたくさんです。
付録を別にしても、お手元にあって損はないと思うので、まだの方はぜひ買ってみてくださいね!

▼Amazonへのリンク
 表紙は夕焼けに染まる富士山。山火事ではありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿