2013年12月4日

雪山技術講習会の机上講座。

マウンティンゴリラ登山学校の、雪山技術講習会の机上講座が実施されました。

講師はもちろん、代表である安村淳さんの予定…だったのですが、少し前から体調を崩して(風邪、かな?)無理だとのこと。
急遽、私が代役で講師を務めることになったのです。

とは言っても、私もその日の昼過ぎまで用事があって、慌てて準備に取りかかるような状況。
何とか間に合わせて、会場に臨みましたが、どうだったかな?

内容は以下の通りです。
雪山を目指すために必要な、7つのポイント

1. 雪山に向かう心構え
2. 必要となる体力は?
3. 学ぶべき技術は?
4. 学ぶべき知識は?
5. 雪山に臨むために必要となる装備
6. ステップアップの方法
7. 雪山で必要な危機管理術
後になって振り返ると、今回は当初の予想よりも、もう少し初級者の方が受講生だったので、私の話は難しい、また怖い話しばかりだったかも?しれません。
しかし楽しいことばかりを言って、実際の雪山で事故にあっても困ります。
内容はまあ、こんな感じで良かったのではないかとも思いました。

ちなみに私も、実技のほうでは仕事や山岳会で、雪山講習の講師役をすることもしばしば。
また雑誌でも、雪山に関する技術について書いたこともあります。

ひとつは『山と渓谷2011年12月号
ステップアップを目指すための、雪山のレベルについてまとめたものです。

もうひとつはやはり『山と渓谷』の、2013年3月号
地形図を読んでルートを考える方法について解説しました。

この記事が載っている2冊とも、特集記事の他の箇所も、雪山を目指す方にはとても役立つと思います。
お持ちの方は本棚から取り出して、ない方はぜひ購入して読んでみてくださいね。

▼参考書籍
と思ったら、2013年3月号はAmazonで検索しても出てきません。。
品切れなのかな?
意外とBOOK OFFとかのほうが見つけやすいかも?しれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿