2013年12月25日

展望良好! 中央アルプス前衛の池山。

友人であるイラストレーター・橋尾歌子さんの取材のお供、2日目です。

これは宿泊した、池山小屋
中央アルプス空木岳(うつぎだけ・2863.7m)に向かう、池山尾根の下部に立つ快適な避難小屋でした。

この後は、前日は南側斜面の登山道をたどって巻いた、池山(いけやま・1773.8m)の頂上を経由して下山することになりました。

池山小屋から池山の間はトレースがなく、ラッセルに。
それでも深いところでも膝くらいまで。
特に難なく、進んでいきます。

手前のピークに登って、それから一旦高度を下げて、登り返して池山の頂上に到着。

標高は1800m足らずで森林限界内なのですが、北西方面の展望が開けて気持ちの良い頂上です。

これはその北西方面に見えた山並み。

写真中央が伊那前岳(いなまえだけ・2883.4m)で、左のとがったピークが宝剣岳(ほうけんだけ・2931m)でしょう。

池山からは、ジグザグに付けられた登山道を探りながら下山。
しばらく進むとトレースが現れたので、あとはそれをたどって歩きました。

途中の鷹打場では、野生動物観察棟にも立ち寄ってみました。
この周辺には動物がたくさんいるようで、それらを観察する目的で訪れても楽しい場所のようです。

さらに下って、林道終点でもある、空木岳登山口へ。
あずまやのある展望台では、南アルプスの大展望が広がっていました。


その南アルプスの展望、動画で撮影してみました。
レンズ交換時に入り込んだホコリが写っており、残念!なのですが参考までにご覧になってみてください。

私がしゃべって、見えている山について解説しています。

この後は特に問題なく下って、ゲート下の駐車スペースに戻りました。

<参考コースタイム>

池山小屋(09:07)―池山(09:59~10:25)―鷹打場(11:10)―林道終点(11:57)―林道古城線ゲート(12:43)


下山後の食事

今回は下山後に食事をしようと、伊那食品工業が経営するかんてんぱぱガーデンに立ち寄りました。

ここはお土産物屋やレストラン、山岳写真や絵画の展示室などがある大規模な施設。
場所は駒ヶ根から伊那西部広域農道を北へ、中央道の駒ヶ根インターチェンジと伊那インターチェンジのちょうど中間あたりにあります。

レストランは複数あるのですが、一番人気のひまわり亭に。

私は定番のソースカツ丼(1,100円)、歌子さんはひまわり亭オリジナルのきのこ寒天麺(850円)を注文。

ソースカツ丼はそれなりのお店で食べると、ソースの味ばかりが気になるあまり冴えない食事になるのですが、ここのはお肉も上等でボリュームもたっぷり、とても美味しくいただきました!
きのこ寒天麺も、独特の食感が良かったみたいです。

さらにめずらしく、デザートも。
Hotの寒天ぜんざいをいただいたのですが、寒い日にも食べやすい、やさしい味のぜんざいでした。

▼参考書籍

  
冬のこのコースを詳細に取り上げた本は手元にはないのですが、参考にしたのは以上の3点でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿