2013年12月23日

古賀志山・東稜を登って滝コースを下山。

風の旅行社のツアーで、登山ガイドとしてお客様のご案内をしてきました。
行き先は栃木県の宇都宮市や鹿沼市に近い、名低山と言われる古賀志山(こがしやま・582.8m)。

コースはバリエーションルートとなる東稜から、かつてはよく登られていた滝コースを下る、ちょっとした縦走コース。
バスツアーならではの、入山口と下山口を別にする、変化あるコース設定です。

宇都宮市森林公園の駐車場でバスを降り、歩き始め間もなくの赤川ダムから見上げた古賀志山。
中央の左のピークが古賀志山頂上で、そのすぐ右のピークが東稜の展望台。

今回はその東稜展望台を目指して、急峻な露岩のある尾根を登りました。


Google Mapでごく簡単な地図を作ってみました。

今回は右のP(森林公園駐車場)から左のP(市営駐車場)へ。
最初の青線は、最もよく登られているであろう、南コースの下半部であり、我々もそれをたどっています。

サイクリング道を横断するところでそれを離れ、赤線で示した東稜へ入ります。
今回の核心部です。

さらに下山は緑線でしめした滝コースをたどりました。

なお上を大きく回るのは中尾根コース
今年の1月と6月にたどったもので、出だしの岩場が少々厳しく、距離も長いものです。
全部で100近いルートがあるという古賀志山の中でも、どちらかと言えば難しい部類に入るコースでしょう。

なお古賀志山の主要コースについては、以下のリンク先にわかりやすく記されています。

ハイキング 【宇都宮市森林公園】



さて赤川ダムの上を通過すると、森林公園の管理センターが出てきます。
その前を通過し、左奥に回りこむと古賀志山南コースの登山口。

一段上がると、あとはなだらかな尾根道がしばらく続きます。

すると間もなく、舗装道路に合流。
サイクリングコースにもなっている、古賀志山林道です。

ちょうどT字路になっている舗装路の、その交差点の部分を右上の尾根に向かう踏み跡を探して、そこから東稜に入ります。
東稜はバリエーションルートであり、目印など特にないのですが、尾根のやや右手を目指すようにすると、明瞭な踏み跡が現れるのでそれをたどります。


東稜の鎖場

頂上近くなってくると、いよいよ傾斜が強くなってきます。
いったん尾根を外れて左の斜面に入り、落ち葉の斜面を登って再び尾根に出ると、東稜の核心部の始まりです。
全部で4つの鎖場が出てくるので、詳しく紹介します。

尾根上に露岩が目立つようになり、ジグザグにそれを進んで、大きな岩が出てきたら左へ行くと、最初の鎖が下がっています。
大まかなフェースであり、手がかり、足がかりとも豊富。
特に問題はないでしょう。

続けてすぐ、左に向かうバンドが現れるのでそれをたどって次の鎖へ。
ここは手がかり、足がかりとも細かく、慎重に探しながら登ることになります。
たぶん一番難しいところです。

すこし歩いて、薄暗いチムニー状の鎖場へ。
見た目は悪そうですが、立ち込みやすい岩の突起にしっかりと立てば、あとは簡単に突破することができます。

最後は階段状から短いチムニー状の岩場へ。
やや被り気味ですが、足場はあるので冷静に探すと大丈夫。
短いので鎖をつかんで一気に行きたいところですが、鎖の支点は貧弱(切り倒された木の根に鎖が巻いてあるだけ!)なので止めたほうが無難です。

なお3つめの鎖場の下で、右から合流してくるコースがあります。
北コース登山口近くから東稜に入ってくるコースと思われます。

また最後の鎖場は、右から巻くことも可能。
そちらにも鎖はありますが、正面から登るよりは少しだけ難しいと思います。


最後の鎖を登り切ると、あとは急登を3~4分も行けば東稜展望台に到着。
明るい見晴らしの良い場所であり、お昼ご飯を食べる人などでいつも賑わっています。

さらに歩いて、古賀志山の頂上へ。
今回はロッテ山ガーナプロジェクトで提供していただいた、ガーナチョコレートをみんなで掲げて記念撮影!

頂上からは西に向かう稜線へ。
少し行くと、かつて稲荷神社があったのでしょうか、本殿のない、赤い鳥居だけが残った社の跡がありました。

その先の稜線の岩場は敬遠して下から巻き、はしごを登ると古賀志山のもう一つのピークである御岳(おんたけ・546m)の頂上です。

御岳の頂上は展望よく、特に日光連山を大きく見渡すことができました。

中央の大きな山が男体山(なんたいさん・2484.2m)、左の奥が白根山(しらねさん・2577.6m)。
いっぽう、右は大真名子山(おおまなこさん・2375.4m)とさらに右奥は小真名子山(こまなこさん・2322.9m)でしょう。

下山ははしごを戻って、今ひとつ不明瞭な沢沿いの登山路を不動滝(雄滝)へ。
ほとんど水の流れていない、涸れた滝です。

ここは信仰の場ですが地主や氏子さんの許可を得て、フリークライミングの岩場としても利用されています。
この写真は不動滝左フェースと呼ばれるエリアで、登っているのは右を見てごらん(5.12a)というルートでしょう。

岩場の基部を伝って、雌滝までも行ってみましたが、こちらは残念なことに倒木が倒れかかって、ずいぶんと荒れた様子でした。

この後は傾斜の緩んだ登山道から車道に出て、バスの待つ市営駐車場で無事に登山終了となりました。


<参考コースタイム>

森林公園駐車場(09:15)―サイクリング道横断点(10:12)―東稜展望台(12:18)―古賀志山(12:43)―御岳(13:07)―不動滝(13:53)―市営駐車場(14:29)


下山後の入浴施設

今回は鹿沼温泉 華ゆらりで入浴
料金は500円。

大浴場と露天風呂のある、良いお風呂でした。
地元の方には人気のようで、大勢の入浴者の方がいました。

▼古賀志山に関連するエントリー

古賀志山・全山縦走コース。 (2015年5月28日)
古賀志山・中尾根を登って東稜を下山。 (2015年3月21日)
今年の年末も古賀志山東稜へ。 (2014年12月21日)
古賀志山で鎖場通過の練習。 (2013年6月2日)
初めて頂上に立った古賀志山。 (2013年1月3日)

▼参考書籍
  
左は定番のガイドブック。
真ん中の本では、古賀志山は低山の中でも特に名山、といった扱いで取り上げられています。
また右は、フリークライミングルート図の定番です。

0 件のコメント:

コメントを投稿