2013年8月29日

御来光に染め上げられた白山。

北陸の白山(はくさん・2702.2m)登山の2日目は、午前四時過ぎ、宿泊先である白山室堂の前に祀られる、白山比咩神社の太鼓音と共に始まりました。

御来光のちょうど1時間前に鳴らされる、この太鼓。
その音を合図に、多くの登山者が一斉に白山の最高地点である、御前峰(こぜんがみね・2702.2m)を目指して登り始めるのです。

我々もそれに合わせて、ヘッドランプを灯して室堂をスタート。
暗い道を慎重に登って御前峰の一角に到達したら、あとは風の当たらない東寄りの岩角に陣取って、御来光を待ちました。

やがて雲海の彼方の、山並みの向こうから待望の太陽が登り始めました!

これはちょうど、北アルプスの大キレットから太陽が登っていることになります。
太陽から左に少し離れた突起が槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)。
そして太陽のすぐ右手に北穂高岳(きたほだかだけ・3106m)、涸沢岳(からさわだけ・3110m)、奥穂高岳(おくほだかだけ・3190m)、その次はたぶん前穂高岳(まえほだかだけ・3090.2m)が見えていて、西穂高岳(にしほだかだけ・2909m)。
少し離れて乗鞍岳(のりくらだけ・3025.6m)も見えています。

槍・穂高連峰の全体を見渡す、素晴らしい眺望です。

2013年8月28日

初秋の花が咲く白山の平瀬道。

お客様をご案内して、北陸の白山(はくさん・2702.2m)に行ってきました。

白山登山は石川県の別当出合から、観光新道や砂防新道をたどる場合が多いと思いますが、今回は岐阜県の大白川ダムから平瀬道のピストンとしました。

これはその平瀬道の途中に唯一あるピークである、大倉山(おおくらやま・2038.6m)の頂上で撮影した写真。
暑くもなく寒くもなくという、登山にはとても快適な天候で、楽しく登っていくことができました。

2013年8月27日

世界遺産の白川郷を散策。

お客様をご案内して、北陸の名峰・白山(はくさん・2702.2m)を登りに行くことになりました。

1泊2日の行程なのですが、合流はその前日。
少し時間があったので、皆さんにお伴をして、登山口の近くに観光に行ってきました。

行き先は岐阜県の白川郷
独特の景観を持つ合掌造り集落で広く知られ、1976年に重要伝統的建造物群保存地区に選定、そして1995年にはユネスコの世界文化遺産に登録された、大人気の観光地です。

白川郷には、車でせせらぎ公園の駐車場に入ります。
そこから、であい橋という大きな橋で庄川を渡ると、その先の一帯が荻町合掌造り集落となっていました。

2013年8月25日

御嶽山より濁河温泉へ下山。

風の旅行社による、御嶽山(おんたけさん・3069m)登山の2日目です。
この日の行程は、宿泊した剣ヶ峰山荘から御嶽山頂稜部を北へたどり、飛騨頂上(ひだちょうじょう・2811m)より岐阜県側の濁河温泉(にごりごおんせん、と読みます)へ下山するもの。

しかし出発時の天候は、雨…。
8月だというのに肌寒さを感じる中、雨具を着用しての行動になったのでした。。

これは剣ヶ峰から少し下った、覚明上人立往生の地。
晴れていれば眺望の素晴らしいところですが、こんな天気ではまるであの世(!)に来ているみたいな雰囲気です。。

2013年8月24日

王滝口より御嶽山へ。

先月に引き続き、風の旅行社のツアーガイドとして山に行ってきました。

今回の行き先は、御嶽山(おんたけさん・3069m)。
飛騨山地の最南端に位置する、富士山(ふじさん・3775.6m)と並ぶ独立峰であり、日本第14番目の高峰です。

御嶽山は1979年10月28日に、突然噴火を始めた火山として広く名前が知られています。
当時は古文書なども含む文献に、この山が火山活動を起こした記述がなかったため、いわゆる「死火山」(現在は使われていない火山分類の言葉)として、まず噴火は起こらないだろうと思われていた山なのだそうです。

その後の火山活動は小規模ですが、今でも山頂近くの地獄谷では噴気が立ち昇り、火山の生々しさが感じられる山です。

火山である御嶽山の、もう一つの顔は信仰の山、であるということ。

国立公園に指定されていないということも影響しているのでしょうか、山中のあちこちには、御嶽山を信仰する「御嶽講」に関わる様々なものが、祀られ、設置されています。

今回の登山口である王滝口にも、大変に立派な真新しい鳥居が立てられていました。
登山はこの鳥居を潜るところから始まります。

2013年8月22日

梓川右岸道より上高地へ。

お客様をご案内しての槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)登山も4日目、いよいよ最終日となりました。

この日は少し時間に余裕があったので、明神から先は梓川の右岸道をたどりました。
途中の岳沢湿原の景観が美しく、私の大好きなコースです。

残念ながら夏空の広がる天気!とは言い難かったものの、雨が降ることはなく、途中の展望地からは荒々しい六百山(ろっぴゃくさん・2449.9m)の姿も見ることができました。

2013年8月21日

雨の降る中、槍ヶ岳登頂。

ヒュッテ大槍で一夜を過ごした翌朝は、いよいよ槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)の登頂を目指して出発です。

しかし困ったことに、朝から強めの雨が降る空模様。
出発を7時に遅らせたものの状況は変わらず、雨具を着用することになりました。。

2013年8月20日

かつての職場・ヒュッテ大槍へ。

お客様をご案内しての槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)登山の2日目は、いよいよ上に向けて本格的な登りになります。

宿泊した徳澤ロッヂを出発したのは7時。
朝食が6時半からだったのでやや遅くなりましたが、それでも特に問題ないくらいの時間です。

2013年8月19日

再び上高地へ。

8月4日~11日にかけて、3回槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)へ行ってきたばかりですが、もう1回槍ヶ岳に向かうことになりました。

こんどはツアーではなくて、私の呼びかけに応じてくださったお客様3名様。
めずらしく男性ばかりです!

これは集合後、歩き始めてすぐの上高地の河童橋。
背後右手には前穂高岳(まえほだかだけ・3090.2m)、左手には奥穂高岳(おくほだかだけ・3190m)がそびえているのですが、山頂部にはガスがかかっていました。

2013年8月18日

青空の広がった甲斐駒ヶ岳。

シエラガイドツアーでの甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ・2967m)の黒戸尾根登山2日目は、いよいよ頂上を目指しました。

これは出発前に、七丈第2小屋のテラスから見た鳳凰三山(ほうおうさんざん・2840.4m)。
左手にはうっすらと、富士山(ふじさん・3775.6m)も頭を見せていました。

2013年8月17日

日本の急登・第2番目に選ばれた黒戸尾根へ。

シエラガイドツアーのお仕事で、甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ・2967m)へ行ってきました。
ルートは標高差2200mの急登で知られる、黒戸尾根!

しかしツアーとは言っても、お客様は3人でスタッフは私1人。
形態としては、完全に個人ガイドでした。

JR韮崎駅でお客様と合流し、そこからタクシーで竹宇の駐車場へ移動。
歩き始めて間もなく、真新しい竹宇駒ヶ岳神社の拝殿が現れました。

この拝殿はしばらく前、川に落ちた釣り人が軒下で暖を取ろうと思って焚き火をしたら、その火が移って全焼したという、何とも残念な神社でした。

少し前の登山地図にも「火災消失」という、痛ましい記述がされていたのですが、今ではこのような立派な拝殿が再建され、とても良かったと思います。

2013年8月11日

8日振りの下山。

シエラガイドツアーのスタッフとして、クラブツーリズム関西槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)へ登るツアー3本を8月4日から立て続けに行ってきましたが、その3本目のツアーも4日目。
いよいよ下山となりました。

宿泊していた槍沢ロッヂで朝食をとり、あとは槍沢の流れに沿って、傾斜の緩い登山道を下っていきます。

2013年8月10日

天狗原に立ち寄って槍沢ロッヂへ。

槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)を登るツアーの3本目の3日目は、槍ヶ岳山荘で朝食をとった後、槍沢を下山して途中、天狗原(氷河公園)に立ち寄り、その後槍沢ロッヂまで下って宿泊するという、比較的余裕のある行程です。

これはその立ち寄った天狗原から見上げた槍ヶ岳。
氷河湖の名残りである天狗池はまだ残雪に覆われていましたが、隣接する小さな池では、何とか逆さ槍を投影した写真を撮ることができました。

…とは言っても、残念なことに肝心の穂先は雲に隠れていたのでした。。

2013年8月9日

登って下って、槍ヶ岳の肩へ。

槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)を登るツアーの3本目(これで最後!)の2日目は、横尾山荘で朝食をとることができました。
これまでは関西発着2泊3日の日程だったのですが、3本目のみ3泊4日と少し余裕があるためです。

ということで食事指定時間の午前5時の少し前に、食堂前に並んだのでした。

2013年8月8日

徳沢でくつろぐことができました。

槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)を登るツアー2本目も3日目、いよいよ下山日です。

今回は2日前のツアーが少々時間がかかったため、もう少し早く、ヘッドランプを点けるくらいの時間に出発としました。
シルエットになった槍の穂先が印象的です。

2013年8月7日

夏山気分を満喫した槍ヶ岳。

槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)を登るツアーの2本目の2日目、この日はすっきり快晴!…とはいかなかったのですが、それでも夏山気分を十分満喫できる晴天の下、槍の穂先を無事に登ることができました。

これは頂上に立った後、肩から見上げた槍の穂先。
同様の行程で頂上に立った2日前とは、まったく違った明るい雰囲気であり、登山者も列をなして登っていました。

2013年8月6日

1日で33km歩きました。

槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)を登るツアーも3日目、いよいよ下山日です。

ここまで天候悪く、見ることのできなかった槍ヶ岳。
しかし出発前に急にガスが切れて、その大きな姿を現してくれました。

2013年8月5日

霧雨の中の槍ヶ岳登頂。

槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)を登るツアーの2日目は、あまりすっきりしない空模様の下、横尾山荘を出発しました。
周囲の山肌にはガスがかかり、今にも雨が落ちてきそうな様子…。
と思っていたら、間もなく本当に雨が降り出してきて、雨具を着用しての登りになりました。

2013年8月4日

この夏、最も忙しい日々の始まり。

この夏、最も大変であろう仕事がスタートしました。

シエラガイドツアーのスタッフとしてクラブツーリズム関西槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)を登るツアーに同行するものなのですが、8月4日~6日のツアー、および8月6日~8日のツアー、さらに8月8日~11日のツアーに、下山することなく立て続けに同行する予定となっています。

ということで休むことなく、連続して3回も槍ヶ岳に向かうという、面白いようでもあり、しかしきっとくたびれるであろう、そういうお仕事がこの日から始まるのでした。

お客様は関西方面からバスで上高地入り。
私は一方、電車・バスを乗り継いで上高地に向かったのですが、集合時間よりもずいぶん早く、お客様たちはすでに到着していました。
慌ててご挨拶をし、準備体操をして出発です。

河童橋は大混雑していて写真を撮る余裕もなく、一気に歩いて明神で小休止となりました。

2013年8月3日

いろいろな人がいた奥多摩の海沢川。

8月に入った最初の土曜日、奥多摩の沢へ泳ぎに行ってきました。

行き先は多摩川の支流の海沢川。
青梅線の白丸駅と奥多摩駅の中間辺りから右岸に流れ込む、大岳山(おおたけさん・1266.5m)を源頭とする深い谷です。
今回はその中でも脇に林道が通る、下流部のみを溯行する計画。
いわゆる“海沢下部瀑流帯”というところをたどるものです。

奥多摩駅から徒歩約1時間20分で海沢林道右手の下降点に到着し、身仕度を整えました。