2014年1月15日

雑誌『岳人』の2014年2月号。

今月は雑誌『岳人』のほうにも記事を書いています。

掲載箇所は、「とっておきの山歩き」という地方の山を紹介するページ。
その3番目の、岡山-鳥取県境の蒜山三座縦走コースを紹介する記事が私の書いたものです。

中国地方の雪山といえば、大山(だいせん・1729m)と氷ノ山(ひょうのせん・1509.6m)ばかりが取り上げられることがほとんど。

今回のような蒜山(ひるぜん・1202m)を取り上げたコースガイドは貴重だと思いますので、ぜひお買い求めになって参考にしてみてくださいね!

また今月号の特集は、「『日本百名山』を考える 1964-2014-20XX」。
山と渓谷』の特集も日本百名山を取り扱ったものなので、テーマはかぶっていると言えるでしょう。

ただし山そのものを中心にしている『山と渓谷』に対して、こちらは深田久弥さんの人物像と、書物としての『日本百名山』そのものを大きく取り上げているので、内容はかなり異なります。

また特筆すべきは、『岳人』は今月号で通巻800号になるのだそうです!
それを記念した山岳関係者の寄稿が多く掲載されており、読んで楽しい号だと思います。
山野井泰史さんと竹内洋岳さんの対談も載っていて、お勧めです!

▼Amazonへのリンク

岳人』は表紙を女性の写真にするようになってから、売上が伸びたといいます。
2014年もその流れは続くみたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿