2014年1月22日

「山と高原地図」アプリを高尾山で使ってみた。

マップル・オンが提供している、スマートフォンアプリ『「山と高原地図」アプリ』を先日の高尾山(たかおさん・599m)で使ってみました。
ちなみに私が使用しているのはAUiPhone5です。

アプリの画面はこんな感じ。
昭文社の『山と高原地図』が、そのまま表示されています。

半透明の太い紫の線が、自分の歩いた軌跡。
現在位置など、はっきり解るようにアップでキャプチャしておけば良かったのですが…うっかり忘れてしまいました。。

軌跡のデータは「.gpx」という拡張子の付いた汎用のGPSデータとして保存されます。
今回は「山と高原地図」アプリのメニューから、そのGPSデータをメール送信する形でPCに送り、カシミールGoogle Earthで開いてみました。


カシミールでは…。

カシミールで軌跡データを開くと、こんな感じです。
赤い線が歩いた軌跡で、右の高尾山口から時計回りに歩いたことになります。

私の使っているカシミールは古いバージョンであり、地形図も5万分の1のものなので、表示は荒いです。
それでも歩いた位置は、ばっちりと確認することができます。

カシミールには、カシバードという鳥瞰図(地形の3D図)を作成する機能があります。
それで軌跡データを表示させるとこのようになります。

左下の6号路から歩いて頂上に立ち、右へ1号路をたどって下山した様子が、一目瞭然!

本当は設定を調整すると、もっともっとリアルな画像も作成することができるのですが、程々のところにしておきました。

しかしちょっと前までは、高価なガーミンのGPSを使わないと正確な軌跡データはとれなかったのですが、今は誰でも持っているスマートフォンでここまでできるとは…。
凄いことです。。


Google Earthでは…。

カシミールも非常に優れたものですが、最近はより利用しやすい同様のソフトウェアで、Google Earthも広く活用されています。
そのGoogle Earthでも軌跡データを読み取ることができるので、表示させてみました。

Google Earthの魅力は、何と言ってもストリートビュー機能。
まるで実際にその場にいるような、立体的な写真画像を生成させることができるのです。

ここでは軌跡を表示させた上で、上空から高尾山頂上を見てみました。
左から登って開けた頂上をウロチョロしている様子が、しっかりと記録されています。

こちらは薬王院付近。

軌跡が鋭角にあちこちに飛んでいますが、これはiPhoneのGPSが衛星からの電波を正確にキャッチできなかったことによる誤差でしょう。
一番ゴチャゴチャしているのは、ちょうどもみじやで天狗そばを食べていた時。

やはり屋内では、正確な測位は難しいようです。

これは1号路を下山しているところ。
左に枝分かれしている軌跡は、誤差ではなくてサル園を見学した時のものです。

このように、「山と高原地図」アプリで現地では正確な現在位置を把握し、下山してからは他のソフトウェアで歩いたコースを確認するというのは、とても楽しい!ことだと思いました。

今後はもっといろいろと、この手のスマートフォン等のアプリについても、調べていきたいと思います。

<追記>

この時は、iPhoneは着ていたダウンジャケットのポケットに入れっぱなしでした。
それでもこれだけ正確に軌跡をとれるのは、すごいと思いました。
以前使っていた、GARMINのハンディGPS「eTrex LEGEND」(2005年頃に購入した古いもの)は樹林帯や障害物に弱く、ここまでしっかりと軌跡はとれませんでした。

ただし電池の消耗は早かった!
下山時の軌跡が、高尾山口に届いていませんが、これはそこで電池がなくなったためです。
ただしwifiやsiriをオフにしておけば、もう少しは長持ちしたかもしれません。。

▼参考リンク

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 山と高原地図

山と高原地図 - Google Play の Android アプリ

カシミール3D / 風景CGと地図とGPSのページ

Google Earth

▼参考書籍

  
ご存知の方も多いと思いますが、念のため…。

カシミールはフリーソフトでインターネットからダウンロードできるのですが、地形図データをどこかからダウンロードしないと使うことができません。

ところがこの解説本を購入すると20万分の1地勢図、5万分の1地形図、2万5千分の1地形図のデータがDVDに入ってついてくるのでとても便利です。

入門編には関東甲信越、GPS応用編には名古屋以西の西日本、パーフェクトマスター編には東北・北海道が収められています。

0 件のコメント:

コメントを投稿