2014年2月1日

冬晴れの景信山へ。

ガイドとは少し違ったお仕事をいただき、景信山(かげのぶやま・727.1m)に行ってきました。
高尾山(たかおさん・599m)から北西に連なる、東京都と山梨県の県境に位置する山です。

景信山では山頂やや下の地点で、朝8時半から夕方の16時半まで、ちょうど8時間を過ごしました。
南側には、大山(おおやま・1252m)、丹沢山(たんざわさん・1567.1m)、蛭ヶ岳(ひるがたけ・1673m)といった丹沢山塊の山並みが見えていました。

JR高尾駅北口からバスに乗って、小仏バス停で下車。
そこから車道を少し歩いた先、中央自動車道小仏トンネルの出口付近に、景信山の登山口があります。

登山道には人工林が続く区間もありますが、このような雑木林の中を歩く区間もあります。
冬の低山では、明るい雑木林の道を歩くのはなかなか気持ちが良いものです。

ひと登りして景信山東尾根に合流。
右は小下沢に下る道。
景信山は左に進みます。

指定の仕事場所は景信山の山頂より少し下。
その前にまず、山頂に立っておくことにしました。
都心方面を一望できる、なかなか気持ちの良い頂上です。

山頂標識は展望の良い方とは反対側にありました。
また山頂には茶屋があり、我々が着いた時間はお客さんを迎える準備で忙しそうでした。

ということで指定の業務をこなして、夕方になって下山。
すでに日は落ちかけていましたが、ヘッドランプは使うことなく、小仏バス停まで戻ることができました。


山旅ロガーの軌跡

今回も往復で、山旅ロガーを動作させてみました。
これは登りの時の記録です。

あんまり足を運ぶことのない景信山ですが、中央自動車道はしょっちゅう通っているので、良く訪れる場所とも言えるかもしれません。
そして景信山の下にあるのが、小仏トンネル…。

小仏トンネルとか聞くと、ついつい大渋滞を思い浮かべてしまって暗い気持ちになってしまいます。。

まあ山そのものは思いのほか良かったので、こんど時間がある時に、トレーニングも兼ねてじっくり歩いてみたいと思いました。

▼参考書籍


小下沢から入山して景信山に立ち、小仏峠経由で下山するコースが紹介されています。
この先、2月以降は、梅や桜や二輪草のお花が咲いて、とても楽しめるコースのようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿