2014年2月13日

瀬戸内海の多島美が楽しめる笹尾山。

NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で、岡山県備前市の、片上湾に隣接する笹尾山(ささおやま・271m)に行ってきました。

これはアンテナ設備の立つ頂上から、東側を見たところ。
片上湾に浮かぶ前島と、その向こうに片上大橋。
さらに遠くには兵庫県姫路市に含まれる、家島諸島の島々も見えています。

車通りの多い県道39号からスタート。
道路沿いの目印のない、ゴミの目立つ小道が登山口。

しばらくは車道と平行して延びる、歩きやすい道が続きます。
昨年10月の下見の時にはヤブが多く、蜘蛛の巣もたくさんあって閉口しましたが、今回は刈り払いがされており、問題なく歩くことができました。

やがて東の119.4mピークとのコルのほんの少し手前で、右手に登る道が現れます。
笹尾山頂上へはこちらに向かいます。

そんなに苦にならない程度のヤブこぎをしながら急登を登ると次第に傾斜は緩み、前方に露岩の目立つ稜線が見えてきます。

瀬戸内海に近い低山には顕著な地形であり、今回のコースでは最も快適な区間となります。

やがて現れる岩場は直登しても容易、また右から巻き上がることも可能です。

岩場の上から見た片上湾。
写真中央やや左に位置する対岸の山は、前山(まえやま・292.8m)。
笹尾山よりも標高は高いのですが、たぶん登山道はない山です。

岩場の先の小ピークから下ると、あとは車道に出てそれをたどるとあっけなく笹尾山頂上に到着。

南には小さな久々井湾を挟んで、遠くに大きな小豆島も見えていました。

頂上からは、南西に延びる稜線の上に付けられた舗装路を歩いて、長谷越の辺りにある駐車場へ。
そこまで迎えに来てくれたバスに乗って、笹尾山の南側を回って帰路に着きました。

<参考コースタイム>

登山口(10:33)―コル(11:06)―岩場(11:33)―車道合流点(11:45)―笹尾山(11:58~12:39)―駐車場(13:18)


下山後の入浴施設

いつもと同じ、和気町の和気鵜飼谷温泉で入浴をしました。
料金は600円。
この近辺では間違いのない、とても良いお風呂です。


山旅ロガーの軌跡

上の九州耐火煉瓦労働組合から、左下の長谷越へ続く赤い線が、今回の我々のコース。
登山としては少々物足りなかったかもしれませんが、瀬戸内海の多島美を楽しむウォーキングコースと考えれば、けっこう良かったのではないかと思います。

▼参考書籍

 笹尾山についての記載があるのは、この本のみのようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿