2014年12月21日

今年の年末も古賀志山東稜へ。

風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして、栃木県の宇都宮市や鹿沼市に間近な、名低山と言われる古賀志山(こがしやま・582.8m)に行ってきました。
登りは東稜をたどって、見晴台を経て古賀志山に立ち、御嶽山(おんたけさん・560m)経由で滝コースを下るもの。
昨年登ったものと、まったく同じコースです。

これは北西方向が開けた、御嶽山の頂上から見た日光の山々。
左から男体山(なんたいさん・2484.2m)、大真名子山(おおまなこさん・2375.4m)、小真名子山(こまなこさん・2322.9m)、女峰山(にょほうさん・2483m)、そして赤薙山(あかなぎやま・2010.3m)。
なかなか見事な展望でした!

宇都宮市森林公園の駐車場までバスで入り、準備体操をして出発。
最初はまず、赤川ダムを歩いて一般登山道の南コースへ向かいます。
写真右は、赤川ダムの上から見た古賀志山の様子。
一番左のピークが頂上で、そのすぐ右手が見晴台になります。

いったん舗装路に出たところが、古賀志林道横断点。
T字路になっていますが、真正面に向かう舗装路をほんの少しだけ進んで右手の尾根に上がると、その先に踏跡が続いています。
その踏跡が、目指す東稜です。


東稜核心部の岩場

頂上に近づくと傾斜が強まってきて、東稜核心部の岩場となります。
大きく分けて、4つの岩場があります。

1つめの岩場

傾斜が強まってきて、踏跡が左側面に入るようになると最初の岩場です。
ホールドは多いのですが、固定ロープ沿いに登ろうとすると意外と大変。
左右の立ちこみやすいところを探しながら行くといいでしょう。

2つめの岩場

固定ロープが下がっていますが、下からその通りに行くよりも、出だしは右手から回り込んだほうが楽です。
全般に足場が小さめなので、やや登りにくいところです。

3つめの岩場

岩溝状の暗い岩場で、少々威圧感はありますが、ここは足場が大きいので比較的楽です。
急な箇所を抜けて階段状を登ると、その上にも短い岩場があります。

4つめの岩場

傾斜は緩いけれども膨らんでやや登りにくい下部から、傾斜の強い凹角状を突破。
下がっている鎖をつかみたいところですが、上の支点は貧弱(木の切り株に鎖を巻いているだけ)なので要注意です。

なお、ここは右の岩場から巻くこともできますが、そちらも特に楽ということはありません。
そちらの鎖も正面の鎖と同じ切り株に巻いているだけなので、あまり信用しないほうがいいでしょう。


東稜を登りきると、休憩にぴったりな見晴台。
南東方向には筑波山(つくばさん・877m、写真中央)が見えていました。

いっぽう北側には大きな高原山(たかはらやま・1794.9m)と、その右手遠くには那須岳(なすだけ・1915m)も見えていました。

見晴台から、わずかに移動して古賀志山の頂上へ。
山頂標識が新しくなっていました。

山頂からは稜線を南西方向に移動して、短いハシゴを登って御嶽山の頂上へ。
祠の裏から振り返ると、古賀志山山頂部を見渡すこともできました。

御嶽山からはハシゴを戻って、暗い人工林を下って不動滝へ。
この不動滝は、水量が少なくて滝としての迫力は今ひとつ?
いっぽう、滝の周辺はフリークライミングの場として活用されており、多くのクライマーが取り付いていました。
この写真は、不動滝正面フェース羚羊ハング(5.11a)を登っているところ。
古賀志山の中でも、一番人気のルートです。

さてここまで降りると、下山口まではあとわずか。
少々滑りやすい道を慎重に歩いて、バスの待つ市営駐車場に向かいました。

<参考コースタイム>

森林公園駐車場(09:18)―古賀志林道横断点(10:00)―東稜見晴台(11:53~12:16)―古賀志山(12:22)―御岳山(12:48)―不動滝(13:42)―市営駐車場(14:02)


今回のコースの地図


Google Mapでごく簡単な地図を作ってみました。

今回は右のP(森林公園駐車場)から左のP(市営駐車場)へ。
最初の青線は、最もよく登られているであろう、南コースの下半部であり、我々もそれをたどっています。

サイクリング道を横断するところでそれを離れ、赤線で示した東稜へ入ります。
さらに下山は緑線で示した滝コースをたどりました。

なお、上を大きく回るオレンジ色の線は中尾根コース
出だしの岩場が少々厳しい、東稜よりは1ランク難しいコースです。

なお古賀志山の主要コースについては、以下のリンク先にわかりやすく記されています。

ハイキング 【宇都宮市森林公園】



下山後の入浴施設

今回は鹿沼温泉 華ゆらりで入浴。
料金は550円、昨年よりも50円値上げとなっていました。
大勢の入浴者の方がいましたが、お風呂は広くて快適でした。

▼古賀志山に関連するエントリー

古賀志山・全山縦走コース。 (2015年5月28日)
古賀志山・中尾根を登って東稜を下山。 (2015年3月21日)
古賀志山・東稜を登って滝コースを下山。 (2013年12月23日)
古賀志山で鎖場通過の練習。 (2013年6月2日)
初めて頂上に立った古賀志山。 (2013年1月3日)

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿