2014年10月26日

三浦アルプスで山岳ナビゲーション講習。

風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」の現地講座として、神奈川県の三浦アルプスに行ってきました。
講座の内容は、山岳ナビゲーション
地図とコンパスを駆使して、現在位置を把握しつつ、進路を確かめて、それを保って進むというテクニックの講習をしながらの登山です。

三浦アルプスは神奈川県の三浦半島の付け根辺り。
いくつかコースはありますが、一般的なのは西から東へ、南尾根をたどって半島を横断するコース。
しかし低山ながら地形は複雑で、コースは難解。
おまけに指導標もちょっと難解?で、コースを間違ってしまう人も少なくないところなのです。。

2014年10月6日

【PR】全4回の机上講座を実施します。

宣伝です!
このたび風の旅行社様に主催していただき、机上講座を実施することになりました。
実は失敗もけっこう多い私の実体験をベースにした、山のエマージェンシー対応講座で、全4回です。
特に第1回目となる、10月14日(火)モンベル渋谷店サロンでの「教科書には書けなかった山でのエマージェンシー」は、参加費無料でお勧めです。
先般執筆した書籍『山のエマージェンシー』には書けなかった、秘密…という程でもないですが、いろいろな緊急事態の具体的な事例も取り上げて、皆さまの事故防止に役立てていただければと考えています。

ところでお越しいただいた方には特典として、これまで関係者以外には配っていない、私自身の事故報告書(2008年前穂高での滑落事故のもの。簡単な報告書です)をお渡しする予定。
これはけっこう本音のことを書いたので、人によっては重宝していただけるものかも?しれません。。

第2回目以降は受講料3,000円とやや高額ではありますが、決して損はしないよう、様々な知識・ノウハウをお伝えするつもりです。
自立した登山を目指す方、緊急時の対処方法を学びたいという方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。
よろしくお願いします!

各回の詳細は以下のリンク先からご覧になれます。


▼講座の概要とお申し込みは以下のリンク先へ

[連続講座]木元康晴さんに学ぶ山のエマージェンシー対応 | 風の旅行社

▼モンベル渋谷店サロンのイベント紹介ページ

モンベル | 店舗情報 | モンベル 渋谷店

▼関連エントリー

岩と雪の穂高へ。 (2008年05月14日)
奥穂高岳南稜。 (2008年05月15日)
奥穂高岳より前穂高岳へ。 (2008年05月16日)
転落、滑落。 (2008年05月17日)
入院、静養、反省。 (2008年05月18日)

2014年10月5日

【PR】風の旅行社・2014年10月以降の予定。

ご好評をいただいている、風の旅行社主催の『木元康晴さんと歩く 邦岳探訪の旅』。
少しご案内が遅くなってしまいましたが、10月から来年5月までの実施分が決まりましたので、詳細をお知らせします。

いずれも初級者にも無理のない、歩きやすい登山コースです。
「冬の間は山歩きはちょっと…」
という方でも、絶対に楽しめる変化に富んだ面白いプランを揃えました。

近距離のものはバスならではの移動の利点を活かしたツアーですので、経験者の方にもオススメです!
(三浦アルプスのみ、現地発着です)
また遠距離のものは現地集合、現地解散になりますが、その分ご予算やスケジュールに合わせた臨機応変な交通手段が選択できますので、ご参加しやすいと思います。

タイトルに名前が入っている通り、すべてのツアーに私がガイドとして同行いたします。
バスの場合は往復の車内でマイクを握り、登山に関わる裏情報もお話します。
お楽しみに!


10/18(土)両神山

~最短コースで行く奥秩父信仰の山~


※当初の実施日だった10月5日は台風18号の影響により中止。
  10月18日へ変更しました。

両神山頂上。木立はあるものの、大岩の上からは周囲を見渡すことができます。

両神山(りょうかみさん・1723.0m)は日本百名山の65番。
岩場の多い山ですが、今回は岩の少ない白井差新道から頂上をピストンします。
こちらの写真は初夏ですが、ツアー当日はきっと紅葉真っ盛りです!


参加費:11,880円
ガイド木元康晴
問合せ&申込み風の旅行社
電話:0120-987-553(担当:荻原、平野、川上)
メールinfo@kaze-travel.co.jp

2014年10月4日

長いナメ床の続く大薙沢。

秋の沢登りを楽しもうと思い、水量少なめの沢を探して出掛けてきました。

行き先は尾瀬と奥日光のちょうど間くらい、四郎岳(しろうだけ・2156.1m)と燕巣山(つばくろすさん・2222m)との間につきあげる、片品川水系根羽沢の支流である大薙沢としました。
右俣はこの写真のような、長い長~いナメ床が続くことで知られる沢です。

2014年10月2日

『週刊ヤマケイ』2014年10月2日 通巻107号。

先日配信の電子雑誌『週刊ヤマケイ』に、以下の2件の記事を掲載していただきました。

●登山地情報10件目 中国山地・三十人ヶ仙

「岡山県北部のコンパクトな縦走コース。」

岡山県北部の山々の中でも、かなりアクセスの悪いほうだと思われる三十人ヶ仙(さんじゅうにんがせん・1171.7m)の登山地情報。
マイナーですが、意外と良い山だと思います。
この日も兵庫県からの団体さんが登っていました。

▼関連エントリー

コンパクトな縦走路・三十人ヶ仙から天狗岩。 (2014年9月21日)

もう1件はやはり中国地方。
島根県東部では人気の高い、玉峰山(たまみねさん・820.4m)の登山地情報です。