2014年12月31日

雪の北横岳、そして縞枯山へ。

マウンティンゴリラ登山学校で向かった北八ヶ岳の2日目です。

これは北横岳(きたよこだけ・2472.5m)を登ったあとに下った、坪庭から望んだ縞枯山(しまがれやま・2403m)方面。
雲が濃いめで、展望が今ひとつだったのが残念でしたが、少々厳し目の雪山気分が満喫できました。

2014年12月30日

吹雪の坪庭からとても快適な北横岳ヒュッテへ。

マウンティンゴリラ登山学校の山行で、雪山初級者に最適とされる北八ヶ岳の北横岳(きたよこだけ・2472.5m)と縞枯山(しまがれやま・2403m)を登りに行ってきました。

これは宿泊した北横岳ヒュッテのやや下にある、七ツ池を目指して樹林の中を歩いているところ。
この頃が最も天気が悪く、弱い吹雪となっていました。

2014年12月28日

鍋割山の鍋焼きうどん。

神奈川県・丹沢山塊の、塔ノ岳(とうのたけ・1491m)を目指す山行に行ってきました。
とは言いつつも、けっきょく塔ノ岳は断念。
大倉尾根の金冷シまで行って、下山となりました。

断念した理由は、非常に初歩的なことですが時間切れです。。。
鍋割山(なべわりやま・1272.5m)の鍋割山荘鍋焼きうどんを食べたのですが、ちょうど混雑する時間帯で20分以上も待つことに。
鍋割山荘前に1時間も滞在することになり、日の短いこの時期には無理は禁物と考えて、塔ノ岳は諦めることにしたのでした。

2014年12月27日

岩場の続く奥沼津アルプスへ。

沼津アルプス南東端の大平山(おおべらやま・356m)から東に延びる、少々手強いアップダウンの続く奥沼津アルプスの尾根筋を登ってきました。

これは奥沼津アルプス中の大平山に近い露岩である、見晴から見た富士山(ふじさん・3775.6m)。
宝永噴火口が真正面に見えて、なかなかの迫力です!

2014年12月25日

冬の川苔山は展望良好!

東京都西部に連なる奥多摩の、人気の高いピークである川苔山(かわのりやま・1363.3m)を登りに行ってきました。

コースは川乗橋から川苔谷沿いの道をたどって北側に回り込み、東ノ肩から頂上をピストンしてJR青梅線の鳩ノ巣駅に降りる定番のものをたどりました。
写真は川苔谷の奥まった場所に流れ落ちる、百尋ノ滝。
落差約40mの、東京都を代表する滝です。

2014年12月21日

今年の年末も古賀志山東稜へ。

風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして、栃木県の宇都宮市や鹿沼市に間近な、名低山と言われる古賀志山(こがしやま・582.8m)に行ってきました。
登りは東稜をたどって、見晴台を経て古賀志山に立ち、御嶽山(おんたけさん・560m)経由で滝コースを下るもの。
昨年登ったものと、まったく同じコースです。

これは北西方向が開けた、御嶽山の頂上から見た日光の山々。
左から男体山(なんたいさん・2484.2m)、大真名子山(おおまなこさん・2375.4m)、小真名子山(こまなこさん・2322.9m)、女峰山(にょほうさん・2483m)、そして赤薙山(あかなぎやま・2010.3m)。
なかなか見事な展望でした!

2014年12月19日

若者二人と鷹取山でクライミング。

近ごろしばしば行動をともにする若者二人と、湘南の岩場・鷹取山(たかとりやま・139m)にクライミングに行ってきました。
鷹取山についてはご存知の方も多いと思いますが、概要を簡単にまとめます。

鷹取山というのは、神奈川県三浦半島の横須賀市と逗子市の境目ある、住宅地の中の低山。
東京湾と相模湾を見下すことのできる展望台などが設置された、公園としても整備がされています。
しかしこの一帯は関東大震災以前は、石切り場として活用されていた場所。
そして今は、その石切り場の断面を利用した、ロッククライミングエリアとして親しまれているところなのです。

これは鷹取山の中でも、比較的取り付きやすい子不知の岩場。
右手の戸田ハングで、人工登攀の練習をしているクライマーがいました。

2014年12月15日

雑誌『岳人』の2015年1月号。

モンベルグループのネイチュアエンタープライズの編集による雑誌『岳人』も順調に号を重ねて、2015年の新年号が発売になりました。

今回の特集は、「日本一の山 富士山」。
今年の11月、駿河湾の海辺から富士山(ふじさん・3775.6m)頂上を目指したルポに始まり、噴火の可能性を考えたり江戸時代の富士詣の道を歩いたり、さらには富士風穴でのケイビングを取り上げた記事もあって内容は盛りだくさんです。

特集以外でも、羽根田治さんによる連載「遭難事例から学ぶ知恵と教訓」でも取り上げられているのが、冬富士での滑落事故。
また私も、各地の山を紹介する「とっておきの山歩き」のページを書いているのですが、編集者からの要望で富士山のよく見える、三ツ峠山(みつとうげやま・1785.2m)を取り上げています。

そんな訳で富士山づくしの今回の岳人。
新年号にふさわしい内容と言えるでしょう。

▼参考書籍

私が最近入手した、富士山関連本です。

雑誌『山と渓谷』の2015年1月号。

早いもので、今年も残りわずか2週間。
書店の店頭に並ぶ山の雑誌は、すでに2015年の1月号となっています。

毎月のように記事を書かせていただいている『山と渓谷』は、その1月号で「100人が選んだ日本の名ルート100」という特集と、「テーマで見つける山の本100」という第2特集、山に関わる2つの百選を中心にした、読み応えのある誌面構成となっており、とてもお勧めです。
私は今回は、その両方の選者として誌面に載せていただきました。

100人が選んだ日本の名ルート100」では、85番目の出雲北山全山縦走コースを紹介。
ゴール地点の出雲大社を目指して数十回のアップダウンを繰り返す、低山ながらも侮れない手応えのあるコースです。

また「テーマで見つける山の本100」では、「遭難と山岳救助を知る10冊」のページを座談会形式で担当。
10冊のうちの4冊は、私の推薦した本をとりあげていただきました。
ちなみに一緒に座談会をしたのは、ライターの羽根田治さんと、東京都山岳連盟遭難救助隊隊長の北嶋秀明さん。
私は遭難救助の現場に出向いたこともしばしばだし、自分自身が遭難してヘリコプターに救助してもらったこともあるのですが、際立って遭難に詳しい、ということもないので専門家のお二人を前にして少々緊張してしまいました!
それでもこのページは読みやすく内容も良いものになっていると思います。
(まとめたのは羽根田さんです)
ぜひ、お手にとってご覧いただければと思います。

今月号は、大変便利な『山の便利帳 2015』も付録についているので、立ち読みではなく買うのがお勧めです!
この便利帳は山小屋や登山用品店の情報、山岳地帯の日の出・日没の時刻など、役立つ情報が満載です。
一般の人ではここまで必要になることは少ないかもしれませんが、登山関係者、特にガイドをしている人であれば必携といえるでしょう。

▼関連エントリー

山ガールと駆け抜けた出雲北山。 (2012年11月25日)
出雲北山縦走。 (2010年11月08日)

▼私が選んだ本4冊

左から『金副隊長の山岳救助隊日誌―山は本当に危険がいっぱい』、『谷川岳大バカ野郎の50年―3000日山に登った登山界の暴れん坊』、『死者は還らず―山岳遭難の現実』、『ドキュメント気象遭難』。
絶版で入手困難なものもありますが、Amazonや古書店などで探して読んでみてくださいね。

2014年12月12日

冬向きの沢歩きコース・房総の梨沢。

関東近辺での冬の沢歩きコースの定番とも言える、房総の梨沢に行ってきました。

冬に沢…と思われるかもしれませんが、4月から11月にかけてはヤマビルが活動する房総丘陵の沢は、それ以外の時期、すなわち冬が沢歩きの適期。
水をかぶったり浸かったりする箇所は、ないとは言えませんが少なく、それほど濡れを心配する必要がないことも冬向きとされる理由です。

この梨沢も、出だしの不動滝と中間部の七ツ釜以外は、水量のごく少ない、非常に平坦な沢床を歩くので濡れる場面はほとんどないのです。

これは最初の核心部である、不動滝の様子。
一見威圧的にも感じられますが、左手が階段状になっていて、特に問題なく登ることができます。
グレードはIIからIII-程度かと思います。

2014年12月6日

高尾山でのムササビ観察会。

この日は小仏城山東尾根を登って稜線を歩き、高尾山(たかおさん・599m)から京王高尾山口駅に下山。
その後すぐに、風の旅行社の現地講座に合流しました。
講座名は『高尾山の夜を感じる』、そしてサブタイトルは「野生動物との出会いとムササビ観察」。
なかなか楽しそうなサブタイトルです!

ちなみに私は自他ともに認める大の動物好きですが、けっして野生動物には詳しくありません。
従って今回は講師という立場ではなく、一般参加者としての現地講座参加でした。

この日はちょうど、満月。
ムササビの巣からの飛び立ちを待っていたら、東の空に大きな月が浮かびました。

小仏城山東尾根から高尾山へ。

マウンティンゴリラ登山学校山岳ナビゲーション講座で、高尾山(たかおさん・599m)近辺の道のない尾根を歩いてきました。

これは講習終盤の、一般道の稲荷山コースでの写真。
受講生の方のフリースに着いている白いものは、雪です。
お土産物屋さんに聞いたところ、今年の初雪なのだそうです。

2014年12月4日

岩稜歩きが楽しい二子山へ。

奥秩父と西上州の境目に位置する、石灰岩が突き出た岩山である、二子山(ふたごやま・1165.6m)に行ってきました。

アプローチは西武秩父線の終点、西武秩父駅から。
前々日武甲山(ぶこうさん・1304m)を登って、秩父夜祭を見るために来ていたので、何だかここに通っているような変な気分。
なお西武秩父駅からは同行者のお車に乗せていただき、クライマーがよく利用する北登山口へと向かいました。

これは二子山の2つのピークのひとつ、西岳(にしだけ・1165.6m)の中央峰から見た西峰へ続く稜線。
鍾乳石状の岩稜が続く、今回のコースのハイライトとも呼べる一角です。

2014年12月2日

初冬の武甲山と、秩父夜祭・宵宮。

風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして、埼玉県秩父地方の武甲山(ぶこうさん・1304m)へ行ってきました。

これは現在の武甲山の頂上となる、第1展望所から見下ろした秩父市街の眺望。
武甲山は石灰岩採掘のために山頂間近までもが削り取られていることにより、この展望所からは絶景が広がります。
山頂直下から一気に標高差1000m以上も切れ落ちているこの絶景は、不自然なのですがインパクトがあって、個人的にはけっこう好きな眺めです。