2015年3月15日

花満開!の房州アルプスと嵯峨山。

風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして、千葉県の房州アルプスから嵯峨山(さがやま・315.5m)を結ぶ登山コースを歩いてきました。

スタートは鹿原集落のすぐ南側にある、林道上のこの標識から。
すぐ先は富士山(ふじさん・3775.6m)の展望ポイントだったのですが、ちょっと雲がかかっていて見えませんでした。。

歩き始めて間もなく、左手に顕著な分岐が現れます。
登山コースは直進なのですが、左の道はこの訶具都智神社(かぐつぢじんじゃ)の境内へと続いています。
山の中の静かな神社です。
参拝後、登山コースに戻りました。

少し歩くと、房州アルプスでは最大の見所かもしれない、地獄のぞきへと出ます。
これは地獄のぞきの、岩の縁に立っているところ。

東側を見ると、こんな感じで見晴らしの良いところです。

さらに進んで、房州アルプス中の唯一のピークとも言える無実山(みなしやま・267.0m)の頂上に到着。
傍らにはこの山名の由来を記す案内板があったので、内容をここに転記しておきます。
「源頼朝がこの道を馬に乗って通過中、椎の実が頭に当たって激怒。『花は咲いても実はなるな』と椎の木に八つ当たりし、以来このやまの椎は実がならなくなった」という伝説がある。
椎の木は源頼朝を傷つける意図はなく無実であり、それ以降この山を「無実山」と呼ぶようになったとか。
無実山からは七曲りのジグザグ斜面を下って、尾根をトラバースするように進みます。
やがて尾根横の広い平坦地に出たところから右に進むと、このようなマテバシイの純林となります。
少し進むと、内台集落。
そこからしばらくは、車道歩きとなります。

内台~保田見~釜ノ台と続く小さな集落を結ぶ車道を歩いて、釜ノ台集落の最初の分岐を左に進み、嵯峨山の登山口へ。
登山口の少し手前は、このような梅の花のトンネルになっていました。

嵯峨山の登山道は、それまでと異なってけっこう急です。
しかし登る距離はそれほど長くはなく、ほんのひと登りで頂上手前の金平神社に到着。
神社前は展望が広がっており、眼下にうねうねと続く山並みを見渡すことができました。

三等三角点の設置された嵯峨山の頂上。

嵯峨山からスイセンピークを越える尾根はアップダウンが激しく、このようなヤセ尾根を通過する区間もありました。

急な部分を下りきって、平坦な道を左に進めば下貫沢集落、下山地点です。

下貫沢から見上げた、スイセンピーク。
河津桜と菜の花が満開で、暖かな春の到来を体感することができました。

<参考コースタイム>

房州アルプス登山口・鹿原側(10:38)―訶具都智神社(11:05)―無実山(11:53~12:18)―房州アルプス登山口・内台側(12:55)―釜ノ台・嵯峨山登山口(14:04)―金平神社・嵯峨山(14:23~14:34)―スイセンピーク(14:47)―下貫沢出合(15:30)

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿