2015年5月30日

二子山で岩場を巡り歩き、化石も発見。

マウンティンゴリラ登山学校の山行で、奥秩父と西上州の境目に位置する、石灰岩が突き出た岩山である、二子山(ふたごやま・1165.6m)に行ってきました。

二子山は西岳(にしだけ・1165.6m)と東岳(ひがしだけ・1122m)の、2つの頂上が並び立つところから名付いた名前ですが、西岳はさらに東峰、中央峰、西峰の3つのピークに分かれています。
これはそのうちの西峰の近くからみた、中央峰の様子。
西岳の頂上とされているのも、この中央峰です。
そしててっぺんから左に下る急な岩稜が、登山コースです。

今回のスタートは一般的な坂本登山口ではなく、林道をぐるりと登った北登山口から登りました。
入山者カウンターを押してほんのひと登りで、西岳と東岳とのコルとなる、股峠に到着。
ここからまずは、左の東岳に向かいます。

出だしの急斜面をジグザグに登って、さらに傾斜が強まったところで左側へトラバース。
すると金属の足場が埋め込まれた、鎖も下がる斜上する岩場に出るのでこれを登ります。
途中で折り返すように右上に登れば稜線上へ。

そこからは岩の多い稜線をたどることもできるし、岩をかわすならば北側の踏み跡をたどって進むことも可能です。

たどり着いた、東岳の頂上。

たまたま居合わせた、横浜の山岳会の人たちが、
「化石がありますよ」
と言って山頂の石を手渡してくれたので、目を凝らしてみると…。

確かに岩の表面に、何か生き物の痕跡を思わせる、渦巻状の模様がついていたのでした。
手渡してくれた方にうかがったところ、これは古生代にたくさんいた、フズリナという原生動物の化石だとのこと。
古生代というと、約2億年から5億年も前の時代です。
凄いことです!

東岳頂上を後にして慎重に往路を引き返し、股峠からこんどは西岳へ。
途中で一般コースと上級コースに分かれるのですが、迷うことなく上級コースへ進みます。

上級コースはしばらく前に、鎖が撤去されているのですが、ホールド豊富なクライミングの基礎ができている人には、楽しめるコースです。
岩場の内容は、大雑把ですが以下のような感じです(距離はあやふやです)。
①右上に向かうバンドを進む(10mくらい)。
②頭上に岩場が延びる箇所に出るが、さらに右へ回り込んで安定したテラスへ(5mくらい)。
③凹角状の岩場を一段登る(8mくらい)。
④傾斜の強い岩場を登りきる(10mくらい)。
⑤少し傾斜の緩んできた岩場を登る(15mくらい)。
これで本当の岩場の部分は終わりで、あとは急な道をたどると、西岳東峰の頂上です。
一番難しいのは④のところでしょうか。
ちなみに二子山の岩質は、石灰岩。
そして石灰岩は、水に溶ける性質を持っています。
したがって雨の日には非常に滑りやすくなるので、上級コースは避けるのが無難でしょう。

これは西岳上級コースの途中から見た、東岳の姿。

西岳東峰からは、岩場をアップダウンしながら進めば、山頂標識の立つ中央峰へ到着です。

中央峰からは、鍾乳洞を裏返したような面白い景観の岩稜をたどるのですが、この区間は受講生の方のサポートに集中したので、お見せできるような写真はなし。
さらに下ると目の前には、頂上が平らに削り取られた、痛々しい叶山(かのうやま・約1000m)の姿が迫ってきました。
この山にはかつては、牢口ルンゼというアルパインクライミングというか沢登りの、とても面白いルートがあったそうですが、今はもう登れなくなってしまったそうです。。

西岳西峰を超えてしばらく進むと、稜線上の岩に「×」印が現れるのでそれを目印に、左手に下降。
急な鎖場を慎重に下って、樹林帯とのコンタクトラインへ。
そこからは下に降りすぎないように慎重に踏み跡を広いつつ、西岳の岩壁基部をたどるローソク岩コースを股峠に向けて進みます。

やがてコースは、左手の岩壁の右手のローソク岩の岩峰との間を通過。
見上げるローソク岩には、新旧様々なボルトが埋め込まれていました。

さらに進むと、祠エリアと呼ばれるクライミングエリアへ。
ルートを前にして集中しているクライマーの邪魔をしないように、そーっと通過。

そのすぐ先で股峠に登り返し、あとはわずかな下りで北登山口へと戻りました。

ところで今回は、気温が高かったものの視界は意外と良くて、ずーっと両神山(りょうかみさん・1723.0m)が見えていました。
両神山も3月末に登った時は新緑にもまだまだ早かったのですが、この2ヶ月の間ですっかり緑色に包まれた、夏の姿に変わっていました。

▼関連エントリー

『日本の名峰・絶景探訪』両神山。 (2015年4月14日)

<参考コースタイム>

北登山口(10:50)―股峠(10:59)―東岳(11:35~12:05)―股峠(12:49)―西岳中央峰(14:01)―鎖場下(14:57)―股峠(15:53)―北登山口(15:58)

▼参考書籍

改訂版 埼玉県の山 (新・分県登山ガイド 改訂版)関越道の山88―インターから山頂までフリークライミング日本100岩場〈2〉関東

0 件のコメント:

コメントを投稿