2015年5月31日

鹿沼・岩山での岩場歩き講習。

5月31日、マウンティンゴリラ登山学校での岩場歩き講習を実施してきました。
場所は栃木県鹿沼市の岩山(いわやま・328.2m)。
東武日光線新鹿沼駅から歩いても行ける、アクセス便利な里山なのですが、コース上には岩場が点在し、各旅行会社の登山ツアーの岩場講習などでも利用されている山です。

今回は主に、
  • 三点支持の原則。
  • 岩の持ち方、足の置き方。
  • 岩場での安定した姿勢について。
  • 足を置く場所を見ることの重要性。
  • 岩場の観察とルートファインディング。
  • 安全なハシゴの登り方。
といった事項を解説しつつ、登山を進めました。

これは二番岩の頂上からの下り。
左から簡単に巻くこともできるのですが、ロープで安全確保をした上で、急な岩場を下ってみました。

2015年5月30日

二子山で岩場を巡り歩き、化石も発見。

マウンティンゴリラ登山学校の山行で、奥秩父と西上州の境目に位置する、石灰岩が突き出た岩山である、二子山(ふたごやま・1165.6m)に行ってきました。

二子山は西岳(にしだけ・1165.6m)と東岳(ひがしだけ・1122m)の、2つの頂上が並び立つところから名付いた名前ですが、西岳はさらに東峰、中央峰、西峰の3つのピークに分かれています。
これはそのうちの西峰の近くからみた、中央峰の様子。
西岳の頂上とされているのも、この中央峰です。
そしててっぺんから左に下る急な岩稜が、登山コースです。

2015年5月28日

古賀志山・全山縦走コース。

マウンティンゴリラ登山学校の山行で、栃木県の名低山・古賀志山(こがしやま・582.8m)に行ってきました。
様々なコースが選択できる古賀志山ですが、今回は山と渓谷社の『新・分県登山ガイド8栃木県の山』で取り上げられている、全山縦走コースを目指しました。
西の赤岩山(あかいわやま・535m)から山頂を経て、北側の稜線をたどって鞍掛山(くらかけさん・492.4m)の登山口へ下るものです。
(鞍掛山は登らずに下山しました)

これはコース全体の核心部とも言える、中岩(なかいわ・546m)の岩場。
中央のルンゼ状の岩を登って、上に立ちました。


Google Mapで今回のコースの地図を作ってみました。

スタートは左のJR日光線文挟駅。
そこから青いラインの区間は、車道や林道を歩く部分です。

赤のラインが赤岩山を経て古賀志山頂上への道。
また緑のラインが、古賀志山頂上から鞍掛山登山口への道です。

さらに鞍掛山登山口からも青いラインの通りに、バス停のあるろまんちっく村まで車道を歩きました。

なお古賀志山の主要コースについては、以下のリンク先にわかりやすく記されています。

ハイキング 【宇都宮市森林公園】


ところでこのブログ『山と兎』は、古賀志山を検索して訪れる方がとても多い状況です。
古賀志山に関心をお持ちの方に多少でも役立てばと思い、少し詳しく今回のコースを記してみました。

2015年5月27日

ミツバツツジの咲く檜洞丸から犬越路へ。

マウンティンゴリラ登山学校の山行で、西丹沢の檜洞丸(ひのきぼらまる・1601m)に行ってきました。
神奈川県の屋根とも言われる丹沢山塊では、最高峰蛭ヶ岳(ひるがたけ・1673m)に次ぐ、第2の高さを持つ山です。

当初はツツジ新道の往復を計画していましたが、参加者のご希望により犬越路を回る周回コースに変更。
集合時間を予定より早めて、7時15分に小田急線新松田駅前を出るバスに乗り込みました。

これは檜洞丸山頂近くに咲いていた、トウゴクミツバツツジ。
例年であればこの時期は、シロヤシオの花も一緒に咲いて、紅白のツツジが咲く彩り鮮やかな景観が見れるのですが、今年はシロヤシオはほとんど散ってしまっていました。
トウゴクミツバツツジはまだまだきれいな花も多く、もう少し楽しむことができそうでした。

ところで今回の写真はすべて、新しく購入したOLYMPUSの防水コンパクトデジタルカメラ・STYLUS TG-4 Toughで撮影したものです。
撮影データは、ほとんどすべてがプログラムオート、ホワイトバランス晴天、ISOは高感度オート。
ISOは通常のオートでは、樹林帯の中では手ブレを起こす可能性があるくらいにまでシャッタースピードが遅くなるため、ISOは高感度オートを選びました。

2015年5月24日

STYLUS TG-4 Toughの写り具合を試してみました。

先日、勢いで予約注文したOLYMPUSの防水コンパクトデジタルカメラ・STYLUS TG-4 Toughが届きました。
5月22日(おととい!)に発売になったばかりの、ホヤホヤの最新機種です!

これが待望のTG-4!
カラーはブラックとレッドの2種類なのですが、レッドを選択。
私はデジイチもレッドなので、これからは赤いカメラばかり持って歩くことになります。

8年前に購入した、やはりOLYMPUSのμ770SWもそうだったのですが、このTG-4もバッテリーをカメラ本体に入れた上で、本体にケーブルをつないで充電するタイプ。
充電中は、シャッターボタンの脇にオレンジのLEDが点灯します。

しかしこれでは、例えば予備バッテリーを持っていたとしても、その充電中は撮影ができないことになります。
ちょっと不便な点であると言えるでしょう。

それは置いておいて、気になるのはやっぱり写り具合。
動作不安定になってきたとはいえ、まだ撮影可能なこれまでの愛機・PanasonicDMC-FT5、さらに日常的に使っているiPhone 6とで同様のシーンを撮影して、どんな感じかを試してみることにしました!

2015年5月21日

大菩薩連嶺南端の、滝子山東稜へ。

マウンティンゴリラ登山学校の山行で、山梨県の大菩薩連嶺南端に位置する、滝子山(たきこやま・1615m)に行ってきました。
登りは岩場が点在する、バリエーションルートの東稜からとしました。

これは滝子山頂上の様子。
向こうに見える富士山(ふじさん・3775.6m)の山頂は、残念ながら雲の中。
なお山頂のヤマツツジはつぼみがふくらんできており、間もなく開花するようでした。

2015年5月16日

カッコソウが咲く鳴神山へ。

風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして、群馬県桐生市の名峰・鳴神山(なるかみやま・981.5m)に行ってきました。

この時期の鳴神山の見どころは、やはりこの近辺の山地にのみ自生するカッコソウ
サクラソウ科の植物で、このような可愛らしい花が咲くのです。
しかし見映えがすることから、採取されることが多くて自生地が激減し、2012年には「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」、通称、種の保存法の国内希少野生動植物種に指定されるほどに。
今、目にすることができるのは基本的には鳴神山山頂近くの、移植地2箇所のみです。

この写真は、椚田峠やや東側の移植地に咲いていたもの。
一帯では、100を超えるたくさんのカッコソウが花を咲かせていました。

▼カッコソウの詳細

桐生市 [ カッコソウ ]

2015年5月15日

雑誌の取材で御岳山へ行ってきました。

アウトドア雑誌『BE-PAL』の取材で、奥多摩の御岳山(みたけさん・929m)に行ってきました。

これは御岳山ケーブルカーの、滝本駅の様子。
左手に、上に登っていくケーブルカーが写っています。

2015年5月12日

日本山岳ガイド協会平成27年度通常総会。

日本山岳ガイド協会の、総会に出席してきました。
また総会後に実施されるガイド資格の認定証授与式には、私も授与対象者として出席。
この4月に設定されたばかりの、新しい資格「登山ガイドステージⅢ」の認定証をいただいてきました。

私は2013年から、以前に取得した「登山ガイドステージⅡ」から「山岳ガイドステージⅠ」への資格変更検定の受験を続けてきたのですが、現在までの受験結果より、登山ガイドステージⅢであれば追加検定なしで認定、との通知をいただいたのでした。
しかも検定員の先生によると、登山ガイドステージⅢの認定者第1号なのだそうです。
嬉しいことです!

全国から集ったガイド仲間と一緒の写真。
こういった集まりでは、普段は山で慌ただしく挨拶をかわすだけの仲間とも、ゆっくり話ができるのも楽しみです。

さて登山ガイドステージⅢという資格になると、これまでよりもお客様をご案内できる範囲が広がります。
順次、上部メニューの「ガイドプラン」のほうに、企画を追加していきたいと思っています。
興味のある方は、ご覧になってみてください。
よろしくお願いします。

2015年5月11日

OLYMPUSのSTYLUS TG-4 Toughを予約注文しました。

登山中には、雨でも写真を撮りたい!という考えがあって、私はフィルムの頃からずっと、防水仕様のコンパクトカメラを愛用してきています。

一番最初は黄色いボディのMINOLTAウェザーマチックデュアル35
レンズの焦点距離を35mmと50mmとの2段階に変更できる(ズームではないのです。。)、けっこうゴツいカメラでした。
購入したのは、1989年でした。

次に使ったのは、白いボディのCanonオートボーイD5
レンズの焦点距離は32mm固定。
これはコンパクトで手に馴染み、写りも良くてとても重宝しました。
購入したのは、1995年でした。

そしてデジタルカメラの時代になってからは、以下の3台を使ってきました。
奥から、OLYMPUSμ770SW
購入したのは、2007年。

そしてPanasonicDMC-FT1
購入したのは、2009年。

一番手前がやはりPanasonicの、DMC-FT5
購入したのは、2013年です。

μ770SWは防水、耐衝撃、耐温度に対応ということで選んだのですが、正直言って、写りは今ひとつ。
シャッタースピードが遅くなることが多いようで、手ブレの写真ばかりが増えて、けっこう不満に感じたカメラでした。

そこで次の防水コンデジとして選んだのが、DMC-FT1。
これはなかなか写りが良くて、その後間もなく雑誌の記事を執筆するようになり、同時に自分の撮影した写真も誌面に載せるようになったのですが、このカメラで写した写真を使うことも少なくありませんでした。

しかし微妙に動作不安定になってきたため、2009年、スイスの山を登りに行く少し前に新しいカメラを購入することに。
当時は各カメラメーカーが多くの防水コンデジを発売しており、選択肢はたくさんあったのですが、それまで使ってきたDMC-FT1への信頼感は、絶大なものでした。
ほとんど他の選択肢は検討することなく、後継機であるDMC-FT5を選んだのです。
これもDMC-FT1と同様に良いカメラで、このブログや週刊ヤマケイ、その他各山岳雑誌に掲載された写真の数々を撮影してきました。

けれどもここにきて、やはり微妙に動作不安定な状態になってしまっています。。
まったくカメラをいたわらない、ガンガンぶつけながらの、私の使い方が良くないのでしょう。
そうは言っても、山行中にはあまりカメラのことばかり考えてもいられないので、やむを得ないところです。。。

そういうことで、常用する防水コンデジを新しくすることにしました!
選ぶのは迷うことなく、PanasonicのDMC-FT5の後継機となるDMC-FT6
…としたいところなのですが、このカメラはなぜか海外での発売のみ。
国内での発売予定は未定のようです。。。

そこでついつい、今月22日に発売となる、OLYMPUSのSTYLUS TG-4 Toughを予約注文してしまいました。
OLYMPUSの防水コンデジには、長く不信感を抱いていましたが、先行機種のSTYLUS TG-3 Toughを所有している知人に触らせてもらったところ、なかなか良い感じです。
特に普通のカメラのマクロモードを超える、より小さなものを写し取れる顕微鏡モードや、ピントの合う範囲が広がる深度合成モードに魅力を感じました。
その知人も写真の写りにはこだわりがある人なのですが、TG-3を使って、特に大きな問題は感じないとのこと。
そこでさっそく購入を、と思ったところ、後継機種TG-4が間もなく発売になるとの情報が。
やや割高になるのでちょっとだけ迷ったのですが、新しいほうにすることに決めました。

F2.0の明るいレンズを備え、高性能な顕微鏡モードを搭載するだけでなく、夜景や逆光にも強い画像処理エンジンが搭載されているそうです。
さらにRAW画像にも対応したこのアウトドア用カメラに、大きく期待をしています!

▼STYLUS TG-4 Toughの詳細

STYLUS TG-4 Tough | T (Tough) Series | オリンパス

▼Amazonへのリンク(予約注文ができます)

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4 Tough ブラック 1600万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-4 BLK

2015年5月9日

春の雪が降る乗鞍岳へ。

マウンティンゴリラ登山学校の山行で向かった、長野-岐阜県境の乗鞍岳(のりくらだけ・3025.6m)の2日目です。

宿泊した位ヶ原山荘では、早朝5時に朝食をいただいて出発。

しかし前日と打って変わって、小雪混じりの空模様。
位ヶ原に上がって、乗鞍エコーラインの車道を横切り、肩の小屋口のトイレまでは順調だったのですが、その先はほぼホワイトアウトと言って良い状況です。
しかしルートそのものは単純なので、コンパスで肩の小屋の方向をセットして、慎重に進みました。
やがてガスの中に薄っすらと姿を現した肩の小屋の物陰で、防寒着一式を身にまとって頂上方面へ。
ここからも朝日岳(あさひだけ・2975m)の中腹を進む箇所はホワイトアウト状態。
でも蚕玉岳(こだまだけ・2979m)手前の鞍部に出てからは稜線の雪はほとんどなく、慎重に進んで乗鞍岳最高峰の、剣ヶ峰(けんがみね・3025.6m)の頂上に立ちました。

普段暮らす東京都内は完全に初夏の陽気で、毎日半袖なのですが、ここではバラクラバにオーバーミトンを着用して写真を撮っていました。

下山は慎重に往路を引き返しましたが、やはり肩の小屋から肩の小屋口の間は何にも見えず、慎重なルートファインディングで進みました。

2015年5月8日

乗鞍岳春山バスに乗って位ヶ原山荘へ。

マウンティンゴリラ登山学校の山行で、長野-岐阜県境の乗鞍岳(のりくらだけ・3025.6m)に向かいました。

初日は、位ヶ原山荘への移動のみ。
これはバスの乗換えをした、乗鞍高原観光センターの前から見た、乗鞍岳方面。
中央やや右の高く尖って見えるのが、23ものピークがある乗鞍岳の最高峰・剣ヶ峰(けんがみね・3025.6m)です。
我々が目指すのも、このピーク。

ところで今回は、毎年ゴールデンウィークから運行が始まる、乗鞍岳春山バスを利用して位ヶ原山荘へと移動しました。
春山バス運行前であれば、下のスキー場から歩かなければならないのですが、今回は一気に頂上近くまで進むことができるので、体力的にはとっても楽でした。

▼乗鞍岳春山バスの詳細

乗鞍岳春山バス


2015年5月3日

残雪に覆われた富士山を登る。

佐藤小屋に宿泊した翌日は、いよいよ富士山(ふじさん・3775.6m)頂上を目指しました。

早朝に小屋を出て、六合目に着いたところで小休止。
背後を見下ろしたら、山中湖の湖面に朝日が反射して、とてもきれいな景色になっていました。

この後は、大きなジグザグ道をひたすら登る区間が続きます。

2015年5月2日

佐藤小屋のぴーちゃんと夏山期間外の富士登山について。

県界尾根から八ヶ岳の赤岳(あかだけ・2899.2m)を登った翌日は、八ヶ岳山麓の宿泊場所から移動して、高速道路から河口湖インターチェンジを目指しました。
メンバーは鳥取県の岳獅会の仲間2名と、その友人2名を交えた5人です。

これは河口湖インターチェンジ近くのコンビニエンスストア前から見た、富士山(ふじさん・3775.6m)。
頂上部から左下に延びる大きな凹状地形が吉田大沢で、その右側の尾根が屏風尾根。
吉田大沢も屏風尾根も、積雪期に限りバリエーションルートとして登られるところ。
また左側の尾根には、一般道である吉田口登山道がつけられています。

2015年5月1日

県界尾根から八ヶ岳・赤岳へ。

鳥取県の岳獅会の仲間と、その友人を交えたパーティで八ヶ岳に行ってきました。
コースは県界尾根
赤岳(あかだけ・2899.2m)の東面に切れ落ちる、上部は急峻な岩場の続く登山道で、積雪期は難ルートです。
残雪期のこの時期も、中途半端な残雪がルートを覆うために嫌らしく感じる箇所が点在し、決して易しくはないコースです。

県界尾根の小ピーク・小天狗のやや先から見た、赤岳東面。
主稜や南峰リッジなどの、バリエーションルートがある西壁にも負けないくらいの、なかなか険しい様相です。

上の写真を少しだけ拡大し、今回登った県界尾根のコースを書き入れてみました。
またセンターリッジ、東稜、真教寺尾根などの赤岳東面の各コースも示しました。