2017年6月27日

奥多摩の山が続きました。

今月も各地の山を登っているのですが、この前の週末は2日連続で奥多摩でした。

6月24日は、大岳山の南東に延びる馬頭刈尾根の支尾根となる小怒田ノ尾根へ。
この小怒田ノ尾根は、登山地図の類には破線の記載もない完全なバリエーションルート。
途中で現れる、高黒岩という岩壁の突破がポイントです。
私はここはロープを使い、20~30mと短く区切った6ピッチの登攀で登ります。

左から弱点を縫って言うと巻き気味に登るので、それほど大変ではないのですが、ルートファインディングはかなりの難しさ。
なお今回は、高黒岩を抜けきって高黒山に立ち、その先の富士見台で馬頭刈尾根に合流。
そこからは大岳山には立たず、芥場峠から御岳山ケーブルカーに移動して下山しました。

6月25日は、大岳山の北面の登山道である海沢探勝路へ。
これは海沢探勝路の入口にある、三ッ釜の滝を上から見下ろしたところ。
この道は難路とされるコースではありますが、数ヶ所ある道間違いしやすいポイントを気をつければ、あとはそれほど難しい場面は現れません。

この日はちゃんと大岳山の山頂に立ち、稜線を北西に縦走して鋸山から鋸尾根を下山。
あちこちで咲いていたコアジサイの花がきれいでした。

なお、昨日このブログに書いたオリンパスの防水カメラ・Tough TG-5とTough TG-4の撮り比べは、この海沢探勝路から鋸尾根の登山中に行ったものです。

さらに鳥取に行く前の6月14日にも、奥多摩に出向いています。
登ったのは日原川の支流の鷹ノ巣谷。
久しぶりの沢登りでした。
これは同行の若手沢ノボラーが、前半の小滝を登っているところ。

中間部で現れる大滝は、ロープを使って右壁から登りました。
後半は、苔が美しい源頭部をたどって稲村岩尾根へ。

下山はそのまま稲村岩尾根を下ったのですが、途中で寄り道して稲村岩の頂上にも行ってきました。
私は奥多摩にはもう29年も通っているのですが、稲村岩の上に立つのは何と初めて!
とても新鮮でした!

◆    ◆    ◆

その他の近況です。

昨夜は都岳連の、海外委員会のミーティングに出席。
今年の秋に実施予定の海外登山研究会で、愛知県在住の某有名登山家を招聘しようということで話がまとまりました。

今日の午後は、江戸川区に住んでいる両親のところに行ってきます。
最近二人とも調子が悪いと言っているのですが、せめてあと9年、私が60歳になるまでは元気でいてもらわないと困るので、頑張るように励ましてきます!

その後明日からは、いつもと傾向の違うメディアの依頼による原稿執筆に取り組みます。
金曜日の締め切りに向けて、集中して書くつもりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿