2017年7月30日

1週間前に登った富士山・プリンスルート。

1週間前となりますが、7月22日~23日の2日間、風の旅行社の登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして富士山を登りに行ってきました。

登ったコースはプリンスルート。
2008年に皇太子殿下が富士登山をされた際に、ご利用になったコースです。

コースの詳細は、富士宮口新五合目(富士山表口五合目)から登山スタートし、六合目まで登って宝永遊歩道へ。
第一火口から宝永山方面に登り返し、走り六合を横切って御殿場口六合目に移動。
あとは普通に御殿場口登山道を登り、大砂走りから御殿場口新五合目に下山します。

ということで、我々も集合後にジャンボタクシーに乗って富士宮口新五合目へ。
そこでお昼ごはんを食べてから、登山スタートしました。

宝永第一火口の通過時にはガスが濃くて展望はなかったのですが、登り返した地点となる馬ノ背からは、ダイナミックな宝永山を見渡すことができました。
しかしその後は雨に降られてしまい、レインウェアを着用して大急ぎで宿泊先である砂走館へ。

砂走館の夕食は、富士山の山小屋では定番のカレーライス。
とても美味しくおかわり自由です。
同行した若い女性のお客様は、3杯も食べていました!

翌朝は0時起床、0時45分出発。
真っ暗な中を歩いて、約3時間で御殿場口頂上に到着。
そのまま剣ヶ峰に向かい、頂上で御来光を見ることができました。

御来光のあとは、お鉢巡りへ。
これは吉田口頂上の背後にある久須志岳から見た、剣ヶ峰の姿です。

その後は砂走館まで戻って朝ごはん。
さらに大砂走りを下って、砂走館から1時間40分という短時間で下山することができました。

このプリンスルートの特徴は、①頂上に着くまでは富士山とは思えないくらい空いている、②宝永山の景観を見ることができる、③山小屋が親切で快適、④大砂走りの下りが爽快!と良いことだらけ。
ただし富士宮口の六合目から一旦下って登り返すことになるため、吉田口登山道や富士宮口登山道に比べると体力は必要です。
また御殿場口登山道の一帯には山小屋が少ないので、多少不便です。
特にお手洗いの数が限られるので、トイレの近い人には向かないと言えるでしょう。

それでも宝永山と大砂走りという、富士山の見どころ2つをじっくり堪能できます。
以前に富士山に登ったことがあるという人にこそ、ぜひ登ってみていただきたいお勧めのコースです。

◆    ◆    ◆

ところで今年の梅雨明けは7月19日頃だったとの発表があったのですが、以降の天気はあまりすっきりせず、曇りや雨の日が続いています。
私は当初の予定では、今日から剱岳に向かう予定だったのですが、あまり良いとは言えない予報からお客様と相談した上で中止を決定。
しばらくは遠出しての登山はありません。
しかしちょうどそのタイミングで原稿執筆の依頼が入ったので、このあとの数日は概ね家にこもって原稿書きをします。

●参考書籍(Amazonへのリンク)

0 件のコメント:

コメントを投稿