2018年1月15日

『山と渓谷』と『ワンダーフォーゲル』の2018年2月号。

今月の山の雑誌は、『山と溪谷』と『ワンダーフォーゲル』の2誌に載せていただきました。

『山と溪谷』は第一特集「単独行レベルアップ術」で、「装備」8ページ分と「状況把握と進退の判断」2ページ分を監修。
また単独行者へのお勧めコースで、大山山系の「ユートピアから大休峠」のコースガイドも執筆しています。
さらにいつも書いている「季節の山歩き」では、神奈川県の丹沢山塊・鍋割山の紹介記事も書いています。

いっぽう『ワンダーフォーゲル』は特集「Q&Aでわかる山登り 新基本200」内の、Q160~162の回答者をしました。
避難小屋や冬期小屋についての回答です。

いずれもぜひお買い求めになって読んでみてくださいね!



◆    ◆    ◆

ところで昨日は、新宿ビックロの石井山専で企画される石井スポーツ登山学校の机上講習、「地形図の等高線からイメージする登山コース」第1回分の実施日。
今回は20名様のご参加をいただき、無事に実施することができました。

少々緊張して言葉に詰まってしまうこともありましたが、解説を予定していた内容はしっかりとお話することができました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
この後は17日と31日に同じ内容のものを実施予定なのですが、既にいずれも満席とのこと。。
また機会があれば同様の机上講習を企画したいと考えていますので、ご参加いただけなかった方はまたご検討いただければと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿