2018年2月8日

三浦アルプスの森戸林道コース。

昨日は来月24日に実施予定の風の登山教室の下見で、三浦アルプスに行ってきました。
コースは森戸林道から畠山に登り、京浜急行の安針塚駅へ下るもの。
三浦アルプスは南尾根は3回登っているほか、森戸川の遡行もしたことがあるのですが、畠山の辺りはまだ行ったことがなかったので、様子を確かめてきました。

森戸林道終点付近の森戸川の流れ。
水量の少ない、穏やかな沢の流れです。

森戸林道の部分はまったく問題なかったものの、その先の南沢は道が荒れていて歩くのが大変。
登山教室には不向きと判断して引き返し、中尾根に向かいました。
こちらは良い道で、南中峠を経て乳頭山へ。
そこからアップダウンを繰り返し、畠山を目指しました。

広い畠山の頂上。
手前の石仏は、馬頭観音だと思います。

畠山からは塚山公園を経て下山。
塚山公園の展望地からは、横浜市街を見渡すことができました。

◆    ◆    ◆

さて今日はこれから、『週刊ヤマケイ』の連載「登山者のブックシェルフ」の第10回目の原稿を書き始めます。
また明日の夜は、『山と渓谷』のライター陣が集まっての新年会の予定。
さらに週末はガイドプランで八ヶ岳の硫黄岳に向かう予定なのですが、天気が今ひとつ。。
ただしお申し込みの皆さんは概ね行く気満々のようなので、取り敢えずは予定通りに実施する方向で考えています。

2月10日(土)から11日(日)の2日間で予定していた八ヶ岳・硫黄岳の登山は、3月17日(土)から18日(日)に変更しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿