プロフィール

木元 康晴 (きもと やすはる)
1966(昭和41)年6月18日生まれ(50歳)

登山ガイド
(日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅢ)
山岳ライター
山岳スポーツ指導協会理事
東京都山岳連盟海外委員

twitter : @yamatousagi
Facebook : yamatousagi


去年(2015年)山に登った日数は、仕事とプライベートを合わせて137日でした。
登った山は、富士山(4回)、北アルプスの奥穂高岳、白馬岳、五竜岳(2回)、南アルプスの北岳、甲斐駒ヶ岳などの日本アルプスの高山のほかに、房総半島の嵯峨山、三浦半島の乳頭山といった標高300m以下の低山、さらにアメリカ・カスケード山脈のレーニア山など、さまざま。

初めて登った山は、1987年11月、奥武蔵の伊豆ヶ岳です。
下山途中に道を見失い、右往左往して山の怖さを実感しました。
その後、友人に誘われて1989年5月に八ヶ岳・赤岳に登って感激!
以降は登山中心の生活を送っています。
最初の頃は自己流で沢登りなどに取り組んでいましたが、すぐに限界を知って、1990年11月に山岳会に入会。
現在は東京都山岳連盟の加盟山岳会・Climbing Club ZOOと、かつて縁があって6年間住んだ鳥取県の、鳥取県山岳協会の加盟山岳会・岳人集団 岳獅会に所属。
ガイドの仕事は2009年4月から、山岳ライターとしての活動は2011年1月から始めています。

●WEBマガジン『週刊ヤマケイ』に隔週で記事を連載中

毎週木曜日に配信されている 『週刊ヤマケイ』 (山と渓谷社)に、「山岳遭難防止術」と題した、安全登山を呼びかける記事を隔週で連載連載しています。
『週刊ヤマケイ』は、以下のアドレスより配信登録とバックナンバーの閲覧ができます。

▼週刊ヤマケイのウェブサイト

週刊ヤマケイ

●著書

山登りABC 『山のエマージェンシー』 (山と渓谷社)
週刊ヤマケイBOOKS 『山行スタイルから考える山のリスクマネジメント』 (山と渓谷社)
※電子書籍

不定期掲載される雑誌記事

山と渓谷 「季節の山歩き」: 主に関東地方の山を紹介
岳人 「とっておきの山歩き」: 主に関東地方と中国地方の山を紹介
週刊ヤマケイ 「登山地情報」: 電子雑誌、最新の登山情報を紹介する欄

●執筆/監修した主な雑誌記事

山と渓谷 「はじめましての「山の日」は大山で迎えよう」: 2016年8月号(執筆)
山と渓谷 「日本アルプス、4大高峰をめざせ!」: 2016年7月号(1ルートを執筆)
山と渓谷 「山岳ガイドがすすめる岩稜ルート10選」: 2016年7月号(3ルートを執筆)
山と渓谷 「この夏、テントで歩くベストルート40」: 2016年6月号(4ルートを執筆)
山と渓谷 「独学登山者の山の悩み」: 2016年4月号(部分監修)
山と渓谷 「単独行者の登山学。」: 2015年11月号(部分執筆、部分監修)
山と渓谷 「膝を助ける歩き方」: 2015年4月号(監修)
山と渓谷 「セルフレスキュー講座 ロープワーク」: 2015年3月号(監修)
山と渓谷 「遭難と山岳救助を知る10冊」: 2015年1月号(対談)
山と渓谷 「ソロ山行のための危機管理」: 2013年11月号(監修)
山と渓谷 「徹底調査 最新登山用具を試した」: 2013年5月号(インプレッション)
山と渓谷 「地形図からルートを考えよう」: 2013年3月号(監修)
ワンダーフォーゲル 「自力で解決!道迷いを防ぐ」: 2015年2月号(執筆)
ワンダーフォーゲル 「How to ビバークできる人になる!」: 2014年10月号(監修)
岳人 「山上ステイをもっと楽しむ方法」: 2016年7月号別冊(執筆)
TRAMPIN' 「心に残る山旅入門」: vol.26(執筆)
TRAMPIN' 「雪山入門」: vol.25(執筆)
TRAMPIN' 「ソロハイク入門」: vol.24(執筆)
TRAMPIN' 「雪山山行の組み立て」: vol.21(執筆)
TRAMPIN' 「ソロハイクの新基本[歩き方]」: vol.20(執筆)
TRAMPIN' 「夏山登山の基本」: vol.18(監修)

●テレビ出演

BS-TBS『日本の名峰・絶景探訪』2015年4月18日放映 「春告げる修験道 両神山

連絡先

メールアドレス:kimoto.y666@gmail.com
携帯電話:090-8063-6851